原付の税金を滞納したらどうなる?罰則や延滞金について!

皆さん、税金はきちんと納めていますか?

特に原付の税金は安いので、
また今度、また今度などと思っているうちに、
忘れてしまったなんて経験はありませんか?

それではもし、原付の税金を納め忘れてしまったり、
無いとは思いますが、故意に納めなかったりするとどうなるのでしょうか?

SPONSORED LINK

そんな疑問にお答えすべく、原付の税金を滞納するとどうなるか、紹介していきますね!

原付の税金を滞納するとどうなるの?

image1

原付の税金なんて安いし、たいしたことではないなんて考えている人はいませんか?

税金は額ではなく、義務なので、いくらであってもきちんと納めなければなりません。

乗る乗らないに関わらず、原付の税金は所有している限り、請求されます。

もし、税金を滞納すると、まず廃車、登録抹消ができなくなります。

ということは、請求がずっと続くことになるので、踏み倒すことはできないということです。

それが繰返されると、未払い分に関して延滞金が付加されていくので、
どんどん支払額が膨らんでいくことになるのです。

原付の税金は、管轄が地方自治体になるので、長期に渡って延滞を繰返していると、
重延滞者扱い(俗に言うブラックリスト)となり、他の税金等で遅延があったりすると、
同一扱いで請求されることもあります。

また、自治体管轄で行っている制度の対象外扱いになることもあります。

例えば、市営住宅の入居拒否、特定手当て等の給付拒否などがそれに当ります。

また、住宅金融公庫でお金を借りることができなくなったり、
納税証明書に「延滞あり」と記載され、ローンなどが組めなくなる
こともあるそうです。

SPONSORED LINK

延滞金は年14%付加されるそうですので、
もとは安い金額でも、数年も延滞が続けば、かなりの額になりますよね?

image3

すぐにどうこうと言うわけではないですが、
義務ですので、きちんと納めるようにした方が賢明ですね!

いかがでしたか?

他にも、税金滞納は、車検も受けられなくなるそうです。

もし、車検も受けていないまま原付で事故を起こしたら、
事故の減点だけでなく、他の罰則もついてくることになりますよね?

そんなおかしなことにならない為にも、きちんと義務は果たすようにしましょうね!

2015年4月以降に購入した新車に関しては、2016年度から税金が上がりますが、
自治体の制度を受けられなくなることを考えれば、税金を納めた方が安上がりですよね?

大人なら、きちんと納税の義務を果たしましょう!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑