ホワイトデーのメッセージの例文!メッセージで彼女を喜ばそう!

ホワイトデーのお返しに、
メッセージカードをつけてみませんか?

胸にしまっているその言葉を、
ただカードに書き込むだけです。

それをお返しのプレゼントと一緒に渡せば、
何かいいことが起こるかもしれません。

でもどんなことを、
どうやって書けばいいのか
戸惑いますよね。

SPONSORED LINK

そんなあなた必見の、
メッセージテクニックをご紹介します。

ホワイトデーのメッセージカード例文

女性は、男性の押しに弱い生き物です。

特別な日にメッセージカードをくれれば、
彼女はあなたが想像する以上に喜んでくれます。

image1

想いを今、
表現してみましょう。

文章は、難しく考える必要なんてありません。
一言の感謝と、素直な気持ちを書くだけです。

《例文》

• バレンタインはおいしいチョコレートありがとう!
今度はケーキが食べたいな。
二人で一緒に。ダメかな?

• いつもありがとう。
今日は君と特別な話がしたいです。
○○時にあの場所で待っているよ。

• いつも仲良くしてくれてありがとう!
あなたが好きです。
もっともっと仲良くしたいです。

と、このように軽い感じで、
飾らずに伝えましょう。

SPONSORED LINK

彼女へのホワイトデーメッセージ

image2

すでに付き合っている彼女には、
どのようなメッセージを送ったらよいのでしょう?

付き合い始めてまだ日が浅いときには、
相手が照れてしまうようなメッセージを送りましょう。

《例文》

• いつも優しい気づかいありがとう。
君のおかげで僕がいます。
もっともっと一緒にいたいです。

• バレンタインにくれたクッキー、
おいしくてすぐに食べちゃったよ。
僕も手作りしてみました。
そしたら少し焦げちゃった。ごめんね。

• この前はありがとう。
あなたの笑顔のように甘い
ホワイトチョコを見つけました。
食べてみて!

茶目っけがあると、なおいいですね。
あまり長すぎず、かといって短すぎず、
相手の心をつかむ内容を考えてみましょう。

付き合って長い彼女には、
上っ面のメッセージでは通用しないかもしれません。

この場合には、
自分の本心を文字にするように
心がけてみてください。

とはいえ、思ったことをなんでも書くのではなく、
内容はあくまでも相手を褒めたり、たたえるものにして、
妙に気どらないことが大切です。

《例文》

• いつもおいしいお菓子をありがとう。
また食べたいです。
ずっと一緒にいましょう。

• バレンタインのケーキ、
今年もすごくおいしかったよ。
俺は料理が得意じゃないので、
ペアリングを買いました。
君にも、俺にも似合うと思います。

• あなたが作ってくれたお菓子も、
毎日のお弁当も、
毎食の料理も、
何もかも全部好きです。
あなたが大好きです。

「ムリムリぜぇぇぇぇったいムリー!!言えない言えない!!」
なんて思わず、まずは文章を作るだけ
作ってみてはいかがでしょう?

そして実際に作ってみると、
「じゃぁいつ渡すか?」
なんて考えている自分に出会うはずです。

男子高校生のチョコ作りが僕の中で話題に↓

メッセージ作りに失敗しないポイント

ホワイトデーのメッセージを作るときに、
少し気にしておきたいのが
“自分のキャラクター”についてです。

自分の普段のキャラクターから
かけ離れた文章を作ると、
読んだ彼女が違和感を覚えるかもしれません。

普通でよいのです。
誠実さと、想いは必ず伝わりますから。

はやりの歌ではないですが、
ありのままのあなたを表すこと
一番大切です。

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑