結婚式の招待状が届いたが、夫婦の片方しか参加できない場合の返信の仕方!

結婚式の招待状が届くと、おめでたいことなので、とても嬉しいですよね?

それが夫婦揃っての招待となれば、尚更嬉しいですし、ぜひ出席したいと思うのですが、
どうしても片方しか出席できないってこともありますよね?

そんな時、頂いた招待状の返信をどのように書けば良いかわかりますか?

結婚式の招待状の返信ハガキの書き方は、色々注意点も多いので、
今回は、夫婦で招待されたけれど、片方しか出席できない場合の書き方を紹介しますね。

SPONSORED LINK
HJ

夫婦の片方しか出席できない返信ハガキの書き方

image1

それでは、結婚式の招待状が夫婦宛に届いたけれど、片方しか出席できない場合の書き方
詳しく紹介していきます!

まず、欠席する場合は、返信ハガキを投函する前に、きちんと連絡を入れ、
片方しか出席できない旨を伝えます。

そして、返信ハガキには詳しい理由は書かずに、
出席を○で囲み、名前の欄に出席するほうの名前と、住所欄に住所を書きます。

image2

この際、御出席の「御」の字と、御芳名の「御芳」、御住所の「御」の字は
二重線で消すようにします。

返信ハガキに、「ご出席人数」という欄がある場合には、「1名」と記入しましょう。

そして、片方しか出席できないことを知らせる文面として、以下のように添えると
わかりやすい
と思います。

「この度は誠におめでとうございます あいにく妻は出席できませんが
私は当日お二人にお会いできますのを楽しみにしております」

「当日は都合により妻は出席できませんが 私はお二人の晴れ姿を楽しみにしています」

「ご結婚おめでとうございます まだ子供が小さい為 主人のみ出席させていただきます
お二人の幸せを心よりお祈り申し上げます」

など、詳細な欠席理由は書かずに、楽しみにしていることを伝えると良いでしょう。

特に病気やケガ、不幸や体調不良などの場合は相手に心配をかけることになりますので、
理由は書かない
ようにしましょう。

また、結婚式の招待状には「お祝いごとには終止符を打たない」との理由から、
句読点は打たないとされています。

短い文章ですので、段落を変えるなどすれば問題ないでしょう。

最後に返信ハガキの表側ですが、宛名の後に書かれた「行」を二重線で消して、
「様」にする
のも忘れないようにしてくださいね。

二重線でなく、絵で消す方法もアリです。こんな返信ハガキは感動そのものです↓

いかがでしたか?

他にも、書き間違いをしてしまった場合は、修正液を使わずに、
二重線や「寿」という字で修正箇所を消すようにするなど、注意点はたくさんあります。

結婚式というおめでたいことでのマナー違反は相手にとって失礼に当たりますので、
きちんと覚えたいものですよね?

結婚式の招待とは、一生のうちでそう何度もあることではないので、
きちんとしたマナーのある格好いい大人を目指しましょうね!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑