早口言葉の英語のものってどんなのがある?スラスラ言える?

小学生の頃、国語の教科書にのっている「大きなかぶ」というお話で、
なぜか先生が「どれだけ早く読めるかタイムを計ろう!」と言い出したことがありました。

猫がねずみを引っ張って・・・・おじいさんがおばあさんを引っ張って・・・と続くあのお話です。

私はなぜかクラスで優勝してしまい、それから私の「早口」人生が始まりまったのですが、
どんなに早口の私でも、さすがにスラスラ言えない早口言葉があるんです!

今回は、私が苦手とする、英語の早口言葉を紹介しますので、
我こそはという方、ぜひ英語の早口言葉にもチャレンジしてみてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

英語の早口言葉

それでは、日本語の意味も含めて紹介していきますね。

これがスラスラ言えるようになったら、英語もマスターできちゃうかもしれませんね!

4
ちなみに英語で早口言葉は「Tongue twister」です。

①Selfish shellfishわがままな貝

②She sells seashells by the seashore.
彼女は海岸で貝殻を売る。

③Red leather, yellow leather.
赤い革、黄色い革。

④The blue bluebird blinks.
青いルリツグミが瞬きをする。

⑤Seventy sailors sailed seven swift ships.
70人の水兵が7隻の高速艇を走らせた。

⑥Little Linda Lamb licks her lovely lips.
子羊のリンダが自分の可愛い唇を舐める。

⑦How many cans can a canner can it a canner can can cans?
缶詰工が缶を詰めるなら、缶詰工は何個の缶を詰められるか?

⑧How many bagels could a beagle bake if a beagle could bake bagels?
ビーグル犬がベーグルを焼けるなら、何個焼けるだろうか?

➈In Hertford, Hereford, and Hampshire, hurricanes hardly ever happen.
ハートフォードとヘリフォードとハンプシャーでは滅多にハリケーンは起こらない。

⑩The lovely swan silently glided on the silvery lake
美しい白鳥が静かに銀色の湖に着水した。

⑪A big black bug bit a big black bear.
大きな黒いカブトムシが、大きな黒い熊を咬んだ。

⑫Betty bought a bit of bitter and made a bitter batter.
so Betty bought a bit of better butter and made a better batter.

ベティーは苦いバターをひとかたまり買い、苦い生地を作った。
だからベティーはもっと良いバターをひとかたまり買い、もっと良い生地を作った。

6

英語の発音を上達させるには、早口言葉を話すといいのかもしれませんね↓

いかがでしたか?

日本の「赤パジャマ、青パジャマ・・・・」のような、
「赤い革、黄色い革」なんていう早口言葉も存在して、面白いですね。

②の「彼女は海岸で貝殻を売る」と言うのは結構有名で、
意外と知っている人が多いようです。

英語は日本語を母国語にしている人にとっては、発音がとても難しいですから、
更に早口言葉となると、舌を咬みそうになりますよね?

でも、早口言葉は、脳にとってもボケ防止などに効果的で、とてもいいそうですから、
頑張ってみるといいかもしれません。

遊びながら、英語を勉強するひとつのきっかけになると、嬉しいですね。

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑