原付の廃車手続き方法!手続きにはこれが必要!

あなたは原付を所有していますか?

原付とは、総排気量が125cc以下のバイクのことを指すのですが、

乗らなくなったり、人からもらった原付バイクがそのまま、なんてことはありませんか?

乗らなくても税金はかかりますし、保険に入っていれば、払い戻しもありますので、

そんな原付バイクを所有している方は、できるだけ早く廃車手続きを行った方が賢明ですよ!

SPONSORED LINK

今回は、そんな原付バイクを廃車する場合に必要なもの、手続き方法を紹介しますので、
何の手続きもしないままの原付バイクがある方は、ぜひ参考に、手続きをしてくださいね!

原付バイクの廃車手続き方法

image1

それでは、原付バイクの廃車手続き方法を紹介していきますね。

原付バイクを廃車にする手続きは、ナンバープレートを管轄する市区町村の役所で行います。

まず初めに、廃車手続きに必要な書類を紹介します。

 

・ナンバープレート
自分でナンバープレートを取り外し、役所へ持参し、返納します。
ナンバーを外すわけですから、役所へは原付バイクを乗っては行かれません。
公共交通機関などを使ってくださいね!

・標識交付証明書
原付バイクのナンバーを取得した際にもらっている書類です。
紛失してしまっている人も多いみたいですが、紛失しても手続きはできますので、ご安心を。

・印鑑
シャチハタ、三文判、認印でも大丈夫です。

image2

・廃車申告書
廃車手続きを行う役所の窓口でもらえます。きちんと記入しましょう。

以上、4点を揃えて、役所で手続きを行ってください。

SPONSORED LINK

手続きが終わったら、自分で解体業者を探し、解体(スクラップ)してもらいましょう。

これで全て原付バイクの廃車手続きは終了となります。

因みに、自賠責保険の有効期限が残っていれば、残存期間に応じて自賠責保険料の払い戻しが
行われます。

image3

そのような場合には、速やかに自賠責保険を契約した保険会社に連絡し、
手続きを行うことをおすすめします!

参考にどうぞ。原付を廃車にしたい方はこちら↓

いかがでしたか?

今はバイクの買取なども多く、自分で廃車手続きを行う方も多くないかもしれませんが、
意外と簡単にできますよね?

因みに、126cc以上のバイクの廃車手続きは、陸運局になるそうなので、
間違いのないように注意してくださいね。

乗らないのに所有していると、税金や保険料の対象となり、
とても損する
ことになりかねません。

手続きには費用はかかりません(解体は別)ので、少しでも早く廃車手続きをした方が、
お得ですよ。

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑