夏に腹痛や下痢になりやすいのには原因があります!!

夏にお腹を壊す人って多いですよね?

さまざま原因はありますが、腹痛や下痢の状態が続いてしまうと、
食欲もなくなり、体力も消耗し、悪循環となってしまいます。

毎年の事だから・・・と諦めている人、気をつけているつもりなんだけど・・・という人、
もしかしたら、対処法を知らないだけかもしれません。

今回は、そんな夏場の腹痛や下痢の原因と対処法について紹介していきますので、
今年の夏からは、毎日快適に過ごせるかもしれませんよ!

SPONSORED LINK

夏の腹痛や下痢の原因

image1

それでは、夏に腹痛や下痢を引き起こしてしまう原因を紹介していきますね!

①身体の冷やし過ぎ

ここ数年の夏は、異常な気温上昇で、エアコンなどで冷えた部屋で涼むことが多いですよね?

また、さらに身体を冷やそうと、冷たいアイスクリームやビール、かき氷など、
冷たくて美味しいものを摂取する機会も増えます。

しかし、身体は冷やし過ぎると自律神経に影響を与え、胃腸に大きな負担がかかり、
腹痛や下痢の原因となるのです。

②食中毒

image2

ニュースでも良く耳にしますが、食中毒は腹痛や下痢では留まらず、
深刻な状況に陥ることもある、危険なものです。

夏場は高温多湿で、食中毒を起こす要因がいくつもあり、
生ものや、傷みやすい食材の取り扱いには、特に注意が必要です。

腹痛や下痢が治まらない、ひどい症状の場合には、すぐに病院へ行きましょう。

SPONSORED LINK

夏の腹痛や下痢の対処法

それでは、原因別に対処法を見ていきましょう!

①身体の冷やし過ぎの場合

・サーキュレーターを使う

image3

熱中症予防にもなるので、冷やすことは悪いことではありませんが、
冷やし方や、冷やし過ぎが問題なのです。

サーキュレーターを使ってエアコンの風を直接身体にあたらないよう、天井に向けたり、
部屋の熱い空気を外に出すことが肝心です。

冷たい空気を部屋全体に回すこともできるので、節約にもつながります。

・身体の中を温める

内臓が冷えなければ、腹痛や下痢を起こすこともなくなります。

冷たいそうめんやひやむぎを食べる時の薬味をしょうがにしたり、
飲み物だけはホットにするなど、身体の中を温める工夫をしましょう。

②食中毒の場合

もちろん、症状が重い場合には一刻を争うこともありますので、直ぐに受診しましょう。

それでは、食中毒を起こさないようにする方法を紹介します。

  • 買い物後、食材をすぐに冷蔵庫へ入れる。
  • 買ってきたものは、早めに消費する。
  • 食材が余らないように、買い過ぎない。
  • できるだけ火を通してから食べる。

食材は、スーパーなどで売られている時点で鮮度は落ちていきます。

消費期限のあるものは期限までに、ないものはできるだけ早く消費するようにしましょう。

極力生ものは避け、火を通してから食べるようにすることで、かなり防ぐことができます。

 

夏に多い、怖~い食中毒の予防方法はこちら↓

いかがでしたか?

腹痛や下痢をあまり恐れ過ぎても、よくありません。

身体に入ってしまった悪い菌を体外へ出してくれる、いい現象だ!と思って、
どっしり構えてくださいね。

こまめに水分補給をし、胃に優しいものを少しずつ食べ、睡眠を十分にとるようにして、
それでも回復しなかったら、病院へ行くようにしてくださいね。

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑