妊娠中に食べてはいけないものはコレ!意外と知らない食べ物は?

妊婦さんや、子どもの食事に関しては、どうしても神経質になりがちですが、
みなさんは、何を食べたらいいか、何を食べたらいけないのか知っていますか?

あまり神経質になる必要はありませんが、できるだけトラブルは避けたいですよね?

今回は、特に気をつけたい妊娠中に、食べてはいけないものを紹介していきます!

全く食べない方が良いのか1日にどれくらいまでなら大丈夫なのかなど、
その理由や、摂取量なども詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

妊娠中に食べてはいけないもの

それでは早速、妊娠中に食べてはいけないものを、その理由や摂取量も紹介していきますね。

・生肉

「いちなん」のユッケ、ハートと鶏! / rhosoi

トキソプラズマやO-157に感染する危険がある為、生肉は避けた方が良いでしょう。

トキソプラズマに感染すると、生まれた子どもに精神発達の遅れや視力障害、脳性まひなどの
先天性障害が生じることがあります。

直接生肉を食さなくても、感染を防ぐ為にはまな板の使い分けや消毒も必要です。

加熱(中心部が67度以上)で感染は防げますので、加熱した物を食べるようにしましょう。

因みに、猫のフンにもトキソプラズマがいる可能性が高いので、
飼い猫のフンの処理は、できるだけ妊婦さん以外がやるようにすることをおすすめします。

・大型の魚
12

生態系の上にいる大型の魚には、メチル水銀が含まれています。

胎児は水銀を排出することが出来ないうえに、その影響を受け易く、
脳神経障害を起こす可能性もある為、厚生労働省が「気を付けるべき魚」を公表しています。

週2回まで(週に160g程度)
キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ

週1回まで(週に80g程度)
キンメダイ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ、エッチュウバイガイ

また、イルカやクジラなども避けた方がいいでしょう。

大型の魚は食べてはいけないわけではなく、量を控えめにということですので、
あまり神経質になり過ぎないようにしてくださいね。

・ナチュラルチーズ(非加熱)、生ハム、スモークサーモン、肉や魚のパテ

これらには、「リステリア」という菌が含まれていて、
妊婦さんは通常の20倍もリステリア菌に感染しやすいことがわかっています。

リステリア菌に感染すると、インフルエンザのような症状が出て、
胎児にも感染し、流産や早産、新生児の髄膜炎や肺血症の原因になることがあります。

抗生剤による早目の治療で胎児への感染を防ぐことはできますが、
加熱をしない状態で食するものは、避けた方がよさそうです。

・アルコールとカフェイン

ビール / yto

アルコール飲料には、「妊娠中の飲酒はやめましょう」と書いてある通り、
胎児性アルコール症候群を防ぐ意味でも、絶対に飲酒はやめましょう。

カフェインを多く含むコーヒーは、1日2杯程度なら問題ないと言われています。

今はカフェインレスのコーヒーもありますので、それを利用してもいいですね。

逆に、妊娠中に食べると赤ちゃんが健康になるものはこちら↓

いかがでしたか?

他にも、妊娠中でなくてもあたりやすい生の魚介類、サルモネラ菌を避けたい生卵、
なども気をつけたほうが良さそうですね。

基本的に、加熱処理で防げる菌が殆どですので、食材を生のままで頂くことを
避けるようにすることと、1つのものを過剰摂取しなければ問題ありません

もし既に食べてしまっている物があったとしても、心配し過ぎるのは身体によくありません。

今後、これを参考に、マタニティライフを楽しみ、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑