喉が痛いときに飲んではいけない飲み物!注意!

朝起きて、「喉がヤバイ!」ってことはよくありますよね?

乾燥は目に見えないものなので、水分補給をしっかりしていても、
実は、かえって喉を痛めてしまう、飲まないほうが良い飲み物があるのです!

少しでも早く何とかしたかったのに、「あれっ?酷くなってる!」なんて経験があるあなた、

そんなあなたの為に、喉が痛い時に、飲まないほうが良い飲み物を紹介しますね。

SPONSORED LINK
HJ

喉が痛い時に飲まないほうが良い飲み物

意外と知られていない、喉が痛い時に飲まないほうが良い飲み物を紹介します!

1.コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインは、喉に刺激を与えるので、良くないとされています。

刺激物は炎症の原因となり、粘膜をさらに痛めてしまう可能性があるのです。

image1

2.アルコール
アルコールを分解するのには、体内の水分が大量に使われます。
それが、乾燥の原因となり、喉の炎症を引き起こす可能性があるのです。

また、粘膜を傷つける作用があったり、声帯に炎症を起こすことも考えられるので、
喉が痛い時には、アルコールは控えるようにしましょう。

image2

3. 炭酸飲料
喉が痛くない時でも、喉に刺激を与えているのが炭酸飲料です。

喉の粘膜にダメージを与えるので、しゃべる仕事をする方はあまり摂らないようです。

喉を痛めている時は、控えたほうが無難でしょう。

4.牛乳
乳製品は、体質により濃い痰がでやすくなり、喉が粘つくことがあります。
喉に負担をかける原因になるため、避けたほうが良いでしょう。

image3

5.ウーロン茶
喉の糖分を奪う働きがあり、喉を痛めている時は悪化させてしまう恐れがあります。

喉が痛い時は、飲まないほうが賢明です。

注意点

基本的に、喉が痛い時には、下記のものは控えるようにしましょう。

・熱いもの
・冷たいもの
・刺激の強いもの

これらは、炎症を悪化させることで、喉の痛みの治りを遅らせてしまいます。

喉の痛みは、初期であれば初期であるほど、
効果的なことを行えば、治りも早まります。

誤ったことをしてしまうと、逆効果になりますので、注意してくださいね。

コーヒーを毎日飲むのが習慣の方には、辛い情報でしたね。

しかし、また美味しいコーヒーを飲むためにも、少しの間だけ我慢してくださいね。

喉飴の種類もこんなにあるなんて、ひとつくらいは自分のお気に入りが見つかりそうですね↓

普段から、加湿器を利用したり、喉飴をなめたり、
喉にとって最大の敵である「乾燥」を防ぎ、水分補給も忘れないようにしてください。

寒い冬でも乾燥しらずで、健康な喉をこころがけましょう!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑