読書感想文の書き出しの例!何から始める?

なぜか嫌いと答える人の多い夏休みの宿題と言えば、読書感想文ですよね?

本を読むのが苦手、書くことが苦手、理由はさまざまでが、
宿題ともなれば、嫌でもやらなければなりませんね?

今回は、読書感想文で読み手を引き付ける事ができる、書き出しについて紹介していきます。

どのように書き出せばいいのか、どんな文章から始めればよいのかなど、
具体的に紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

読書感想文の書き出し

読書感想文の書き出しは、その本の面白さが伝わるかどうかが決まるほど、重要になります。

読み手の心に響くだけに、書き出しはできるだけインパクトがほしいのです。

1

良くありがちな書き出し例をあげると、「その本をなぜ選んだか」になります。

「私は○○がきっかけで、この本を手にしました。」

「私は作家の○○さんが大好きなので、この本を読みました。」

「私は○○の本を読んで、とても感動しました。」

などです。
2

間違いではありませんが、正直、面白さやインパクトはありませんよね?

読み手の心を掴むというのには、程遠いと思います。

では、具体的にどのような書き出しが良いのでしょうか?

ポイントは、「ズバッと一言、自分の意見を言うこと」です。

「私は今まで生きてきた中で、こんなにも衝撃を受けたことはありませんでした。」

「本を読み終えた私は、暫くの間、放心状態となりました。」

「これほどまでに涙が止まらなかったことに、自分でも驚きを隠せませんでした。」

まず書き出しで、読み手に「何でだろう?」と思わせることができればOKです!
3

その後に、なぜそう感じたのか、どの部分が筆者の心を掴んだのかなど、
あらすじではなく、筆者の心の説明に入るといいと思います。

すると読み手の方は、どんどんその世界に引き込まれていき、
その本の面白さが手に取るようにわかっていくものです。

賞がとれるかもしれない?読書感想文の書き方はこちら↓

いかがでしたか?

読書感想文の書き出しにインパクトが必要と言いましたが、人との出会いも一緒ですよね?

初めて会った人がインパクトのある人だと、興味がわきませんか?

何でこの人はこういう人なんだろう、どうしてだろう?と、引き込まれますよね?

そして、そういうインパクトのある人のことは忘れませんよね?

読書感想文なども同じで、最初が肝心なのです!

初めの一言で読み手の心を掴んでしまえば、後はそんなに難しくありません。

あまり考え込まずに、自分の気持ちをストレートにぶつけてみてくださいね。

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑