年下の彼氏の呼び方!あなたはなんて呼ぶ?

あなたは彼氏をどのように呼んでいますか?

○○くん、○○ちゃん、○○さん、など呼び方は色々ありますよね?

もし彼氏が年下なら呼び捨てや、若い人ならあだ名で呼んでいる人もいるでしょう。

今回は、彼氏が年下の場合について、呼び方は何が良いのか、様々な意見を紹介します。

ちょうど付き合いたての年下の彼氏ができた人や、年下の男性と付き合いたいと思っている人は、
参考にして、考えてみてくださいね!

SPONSORED LINK

年下の彼氏の呼び方

恋人同士になると、それまで苗字で呼び合っていたりしていたとしても、
敢えて呼び方を変えることはよくあることですよね?

というより、特別な関係性になるわけですから、変える人が多いでしょう。

特に、周りの人が呼んでいない、二人だけの呼び方で呼ぶことによって、
親近感が増したりもします。
1

それでは、年下の彼氏が「キュン」とする呼び方にはどんなものがあるか紹介していきますね。

1.本名の下の名前から一部をとった呼び方

例えば「ゆうや」なら「ゆう」、「かずとも」なら「かず」などです。

ちょっと冷たい印象もあるかもしれません、親しい間柄であることはわかりますよね?

2.本名の下の名前から一部に「くん」や「ちゃん」をプラス

「ゆうや」なら「ゆうちゃん」、「かずとも」なら「かずくん」などです。

ちょっと可愛らしさがプラスしますし、年齢が高い人ほどキュンとするようですよ。

2

3.呼び捨て

下の名前をそのまま呼び捨てという人も意外と多いといいます。

大人になると呼び捨てで呼ばれる機会はぐっと減るので、かえって喜ばれることも多いです。

SPONSORED LINK

4.本名とは全然関係ない呼び方

名前とは関係なく、ダーリンをもじって「だあ」と呼ぶ人も結構います。

二人しかわからない呼び名を、二人きりの時だけ使うというのも、キュンとするらしいですよ。

年下の男の子と言ったらやっぱりこれですよね?↓

いかがでしたか?

彼氏の呼び名はひとつに絞らず、時と場合によって使い分けるというのもアリだそうです。

二人だけの時は、○○くん、家族や友人の前では、○○さんのように使い分けると、

特に年下の彼の場合、人前で立ててくれる年上の彼女にメロメロになるそうですよ。

但し、呼び名を考える際には、ちゃんと彼氏の意見を尊重してあげてくださいね。

年下だからと言って、勝手に呼び捨てにしたり、男性だとちゃん付けを嫌う人もいますから、

きちんと二人で決めて、納得のいく呼び名で呼ぶようにしてください。

それを決めることができたら、二人の距離もいままでよりぐっと近くなりますよ!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑