成人式に行く意味を考える。行かないのも選択肢の一つ

毎年おこなわれる成人式は、
私たちにとって一生に一度しかない
「大人記念日」です。

社会人としての第一歩をお祝いしてもらうと、
自然と気持ちも引き締まります。

しかし成人式に出席しない人も少なくありません
みな、それぞれ理由があるようです。

成人式の案内が来たけれど、出席するべきか…。

SPONSORED LINK
HJ


悩んでいるあなたと一緒に、
少し考えてみようと思います。

成人式の歴史

成人式が生まれたのは1948年のことでした。
戦後の圧倒的な人手不足の中で、
二十歳を迎えた若者を祝い、
今後の活躍を応援する日としてできたといわれています。

image002

成人式は、毎年1月の第2月曜日に開催されます。

近頃の成人式は、一部の出席者によって
進行を妨げられることも多く
悲しい結果を迎えてしまうことがしばしばあります。

一人でも多くの新成人に出席して欲しいですが、
そのような事態が起こらないよう
毎年祈っています。

成人式に行く意味とは?

成人式に出る楽しみってどんなことでしょう?

image004

まずは、成人式ならではの晴れ着を着ることができます
一生に一度の晴れ舞台ですからね。

しかし、衣装には費用がかかります
現にそのことがネックとなって出席を諦める人もおり
それは悲しいことです。

成人式に行く人の割合は5~8割程度で、
少なくとも2~5割の若者が
成人式を辞退していることになります。

それだけの欠席者が出る一番の要因は、
成人式の特色にあるといえます。

成人式の醍醐味といえば、
やはり「友達と一緒に出る」ということでしょう。

単独行動が好きな人、
団体行動が苦手な人にとっては、
成人式が苦痛でしかないかもしれません。

ただなんとなく面倒くさいだとか、
何となく出席しなかった、など
明確な理由はない人もいます。

理由があいまいなのは、潜在意識の中で
旧友と会うことを億劫に感じているせいかもしれません。

私の周囲の話を聞いていると、
成人式に出席しなかったことに後悔はなく
出席して後悔している人は圧倒的に多かったです。

私も成人式に出席しましたが、
高校時代の友達と話が弾んで楽しかったので、
私は出た意味はあったかなと思えました。

先にいろいろ考えても、
行ってみないことにはわからない
部分もあると思います。

振袖メイクを自分でやってみよう♪

成人式の写真だけ撮るという方法も

成人式に出られないけれど、
記念は残したいという人
写真だけ撮ってみてはいかがでしょう?

費用はかかりますが、
気兼ねすることなく思い出を残せます。

写真は撮っておけばよかった、
という後悔は多いようです。

たとえば振袖のレンタルでは、
安いところで5万円前後のセットもあります。

相場は18~20万円くらいですから、
安いですよね。
そのぶん、生地が薄かったりする場合もあるようですので、
写真映りを想像しながら慎重に選びましょう。

ホラ、写真のことを話しているうちに、
ちょっと楽しくなってきましたよね?

成人式に出席する、ということが
大切なの
ではないと思います。
そこで楽しめないことが問題ですから、
無理して周囲に合わせる必要はないのです。

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑