潮干狩りでたくさん採るコツ伝授します!

皆さんは、潮干狩りを楽しんだことはありますか?

せっかく大変な思いをして行ったのに、
全然アサリがとれなくて、子供に泣かれたりしたことはありませんか?

そんなことにならないように、今回は潮干狩りでたくさん採るコツを紹介します。

これを読めば、子供から頼りになるお父さんなんて言われるかもしれませんよ!

ぜひ参考にしてくださいね。

SPONSORED LINK

潮干狩りでたくさん採るコツ

それでは、潮干狩りでアサリをたくさん採るコツを紹介していきますね。

1.焦らずに海を見渡し、「瀬」を探す

直ぐにでも始めたい気持ちを抑え、まずは落ち着いて海を見てみましょう。

アサリは特定の場所に集まり、傾斜地を好みます。

傾斜地とは、「瀬」と呼ばれ、
潮位が約40cm以下になると顔を出す盛り上がった部分のことです。

瀬を見つけても、やみくもに掘ってはダメです。

波や流れとは反対側の斜面と、そのふもとにいる可能性が高いので、
そこを優しく掘ってみましょう。

image1

2.「アサリの目」を探そう!

image2

アサリには、入水管出水管という管が2つあり、
海底にいるときはこの2つの管を出しています。

潮が引いて干上がったところには、その後が残り、小さな穴があいた状態になります。

この穴を「アサリの目」と呼び、これを見つけることができれば、ラッキーです!

迷わずどんどん掘ってみましょう!

SPONSORED LINK

3.海藻が溜まっている場所を探す

海藻が溜まっているところは、ヌルヌルしたりするので、皆が嫌がる場所です。

しかし、アサリにとってはプランクトンが豊富で絶好の住処なのです。

ちょっと我慢して脚を踏み入れてみると、大量のアサリに出会えるかもしれません。

4.人工の潮干狩り場では、波打ち際を狙え!

管理者が満潮時に舟でアサリを撒いている潮干狩り場などでは、砂の中までアサリが沈まず、
波が来ると、砂より軽いアサリが浮いてきます。

それを手早く拾い上げればOKです。

1つ見つかれば、その周辺にも撒かれている可能性があるので、よく探してみましょう。

こんな達人技を習得してみてはいかがですか?↓

いかがですか?

何だかたくさん採れそうな気がしてきませんか?

注意点として、
アサリを傷つけてしまったら、可愛そうですが、捨てるようにしてください。

他のアサリと一緒にすると、腐敗して臭いが移ってしまいます。

たくさん採りたい気持ちはわかりますが、熊手は割りととがっているので、

優しく掘り起こしてくださいね。

アサリは漢字で「浅蜊」と書きます。比較的浅い所にいますので、
10~15cmぐらいを目安に掘ってみてくださいね。

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑