土日に新札が欲しい!5つの交換方法!結婚式の場合など

銀行の窓口は平日の3時までしか営業していませんよね?

新札を用意したくても、なかなか行かれなくて困ってはいませんか?

結婚式のお祝で新札がどうしても必要な時、どうすればいいか悩みますよね?

そんなあなたのお悩みを解消すべく、土日祝日でも新札に交換する方法をお教えします!

これで、わざわざ有給休暇をとらずに、結婚式の準備がスムーズにできますよ!

SPONSORED LINK

新札を土日祝日に交換する方法

image1

それでは、いくつかある、新札を土日祝日でも交換できる方法を紹介しますね!

1.結婚式場で交換してもらう

image2

土日祝日の結婚式は多いものです。

「しまった!」という参列者の方も多いのでしょう、
結婚式場は、サービスで新札を準備しているところがほとんどです。

しかし、準備していない場合や、数に限りがあるといけないので、
予め電話で確認しておいた方がいいと思います。

2.ホテルで交換してもらう

ホテルでの結婚式も多いですよね?

結婚式を行うホテルは結婚式場と同様に、
サービスで新札を準備しているところがほとんどです。

また、外貨両替をやっているホテルや、シティーホテルでも
新札を準備しているホテルが多くあります。

ホテルも全てではないので、予めの確認が必要です。

3.大きなデパートのご進物売り場

高島屋や三越などの、有名デパートにあるご進物売り場では、祝儀袋なども扱っています。

祝儀袋を購入する際に、店員さんに聞いてみると、意外と新札に交換してくれるそうです。

新札両替サービスとして、やっているところもあるみたいですよ。

SPONSORED LINK

4.ATMを利用する

image3

銀行のATMも利用時間は長いですし、コンビニなら24時間利用可能です。

これは「賭け」に近いですが、
いくらかお金を引き出せば、新札の出てくる確率が高いといいます。

特にコンビニのATMは、銀行のATMよりたくさんのお金を扱っているので、
25日なら、さらに確立が高いみたいですよ。

何度も利用していると怪しまれるので、
店員さんに声を掛けてからやったほうがいいかもしれませんね。

5.アイロンをかける

1~4はできない、やりたくない、というあなたにはこれがおすすめです。

まずきれい目なお札を用意しましょう。
次に霧吹きで、薄めた洗濯のりをまんべんなく吹きかけます。
そして、しわを伸ばすように低温でアイロンをかけます。
少し乾かせば、綺麗なお札のできあがりです。

新札ではありませんが、新札に見えるようにはなるでしょう。頑張ってみてくださいね。

土日祝日でなければ、この方法でOKですよ↓

やはり、結婚式などのお祝いは、新札で貰った方が嬉しいですよね?

結婚式は、急に決まる訳ではないので、
できるだけ早目に準備して、ギリギリに慌てることがないようにしましょう。

代わりの誰かに頼んだり、
いざという時のために、少しストックしておくのもいいかと思いますよ。

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑