疲れない運転姿勢をご紹介!長時間の運転にぜひ!

あなたは1日にどのくらい車の運転をしますか?

毎日の通勤やお買い物で運転をされる方、
また、週末のレジャーや、長期休暇の際にだけ運転するなんて人もいるでしょう。

しかし、運転をよくする人、しない人に関わらず、特に長距離を走る場合は、
誰でも疲れますよね?

今回は、運転をする時に、疲れない姿勢や疲れない方法を紹介していきますので、
ぜひ、今後の運転の際に役立ててくださいね!

SPONSORED LINK

疲れない運転姿勢

疲れない姿勢というのは、「正しい運転姿勢」をとるという事になります。

それでは、正しい運転姿勢とはどういった姿勢なのか、詳しく紹介していきますね。

①腰
深くシートに座って、隙間をあけないように腰と背中をシートにぴったりつけます。

②足
ブレーキペダルを右足でいっぱいに踏み込んだ際、
膝が伸びきらずに少し余裕がある位置に、シートの前後位置を合わせます。

③背中
背中をシートにつけた状態でハンドルの上部を握り、
肘に少し余裕ができる角度に、シートバックをあわせます。
3

④頭
調整機構つきの場合は、ヘッドレストの中心に後頭部の中心がくるように高さを合わせます。

⑤シートベルト
腰ベルトを腰骨のできるだけ低い位置に合わせ、
肩ベルトは、首、顎、顔に当たらないよう調整し、ねじれやたるみがないようにします。
4

以上、①~⑤をしっかり合わせると、正しい姿勢で運転できることになり、
長時間の運転でも、疲れにくくなるということなんです!

また、運転で疲れない為にできる方法もありますので、紹介していきますね。

SPONSORED LINK

①目
運転前にパソコンや携帯などで、目を酷使しないようにし、
筋肉の疲労を取るため、遠く離れた緑色のものを20秒くらい眺めてリラックスします。

②ストレッチ
血流アップはリラックスに繋がりますので、運転前の簡単なストレッチは効果的です。

但し、長時間運転すれば、正しい姿勢であっても疲れが出ることは避けられませんよね?

そんな時は、駐車スペースに車を停めて、ストレッチや、目を閉じて深呼吸するなど、
休憩をとることも必要です。

どうしても眠気に襲われたら、絶対に無理をせずに仮眠をとるようにしましょう。

運転座席の正しいシート設定と乗り方はこちら↓

いかがでしたか?

ほかにも、疲れない方法として、運転中に余計な神経を使わないよう、
予め必要なものをきちんと準備したり、行き先のルートを頭にいれておくといいでしょう。

ETCのセット忘れや、道を間違えたりなんてことがあると、焦って余計に疲れますからね。

また、自分は疲れていないと思っていても、無理は禁物です。

休憩は1~2時間を目安にとるように心がけ、何よりも安全運転優先で行きましょうね!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑