こどもの日に柏餅・ちまきを食べる由来・意味とは?

こどもの日の食べ物と聞いて思い浮かべるのは、「柏餅」「ちまき」ですよね?

では、なぜ柏餅やちまきを食べるようになったのか知っていますか?

今まで意味もわからず食べていたというあなた!
これからは、柏餅やちまきの由来や意味を知って食べると、一味違うかもしれませんよ!

そんなあなたの為に、柏餅やちまきを食べるようになった由来や意味を紹介しますね。

SPONSORED LINK

こどもの日に柏餅を食べるようになった由来


rice cake / 柏餅 / Kanko*

柏餅は日本独特のもので、柏餅を包む柏の木は、昔から神聖な木とされていました。

柏の木は、新芽が出ないと古い葉が落ちないことから、
「子供が生まれるまで親は死なない」→「跡継ぎが絶えない」→「子孫繁栄」と結びつき、
こどもの日の縁起のいい食べ物として定着していきました。

現在は柏餅もさまざまな種類がありますが、一般的な小豆餡と味噌餡を見分ける方法は、
柏の葉が外表(葉の裏が内向)の場合は小豆餡、
柏の葉が中表(葉の裏が外向)の場合は味噌餡、だそうですよ!

超簡単!本格柏餅の作り方はこちら↓

こどもの日にちまきを食べるようになった由来


20080505153312_E-330 / iskws

ちまきを食べるようになった由来は、およそ2300年前の中国に遡ります。

国王の側近として使え、人々から大変慕われた、屈原(くつげん)という詩人がいました。

SPONSORED LINK

屈原は、陰謀により国を追われ、国の行く末に失望し、
5月5日に、川に身を投げてしまいます。

国民は屈原の死を悲しみ、屈原が川の魚に食べられないよう、
川に供物を投げ入れるなど、さまざまな手を尽くします。

中でも、川にいる龍に供物が盗まれないようにと、龍が苦手な葉で、もち米を包み、
邪気を払う五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛って川へ流すようにした
そうです。

image1

これがきっかけとなり、中国では5月5日にちまきを作って災いを除ける風習ができ、
端午の節句となって、日本に伝わったとされています。

ちまきを縛るのに使った五色の糸の色は、子供が無事に育つようとの魔よけの意味があり、
鯉のぼりの吹流しの色に反映されているそうですよ。

いかがでしたか?

柏餅は日本のもので、ちまきは中国から伝わったものなんですね!

また、江戸時代に縁起のいい柏餅は江戸の主流となり、
伝統を重んじる上方は、ちまきを伝承したとも言われ、
幕末には、関東では柏餅、関西ではちまきを食べるようになっていったそうです。

こんなことを話しながら、今年のこどもの日に柏餅やちまきを食べると、
違った味に感じられるかもしれませんね。

私は関東出身なので、柏餅を頂こうかと思っています!

みなさんはいかがですか?

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑