こどもの日の由来を子供向けに簡単に説明するとこうなる。

5月5日は端午の節句とも言いますが、こどもの日とも言いますよね?

そもそも、なぜ5月5日がこどもの日なのか、知っていますか?

ゴールデンウィークを少しでも長くする為!なんて理由ではありません。

今回は、大人にも子供にもわかる、こどもの日の由来について詳しく紹介していきます!

これで、子供に聞かれてもきちんと答えられる格好いい大人になれますよ!

SPONSORED LINK
HJ

こどもの日の由来(大人向け)

image1

もともとは、中国の厄払いの行事が発祥と言われています。

端午の節句の「端午」とは、干支の午の月が5月であり、午が「ご」と読めることから、
「午の月の端午の日」となり、5月5日となったという説が有力とされています。

日本に伝わったのは平安時代で、節会(せちえ)という宮中行事になり、
菖蒲で屋根を葺いたり、菖蒲で厄除けとされるくす玉を作って飾ったりしていました。

その為、貴族の間で菖蒲は欠かせないものとなり、節会は大切な行事となりました。

日本で5月は田植えの季節で、
田植えは、早乙女(若い清らかな女性)がやるものとされていました。

image2

早乙女は田植え前に、菖蒲で葺いた屋根の小屋にこもったり、菖蒲酒を飲んで
一定期間の不浄を避けて心身を清める「物忌み」
をしていました。

この物忌みを行うことで、穢れを祓い、田植えに臨んでいたとされています。

その後、物忌みと端午の節句が結びついていったとされています。

江戸時代に入ると、五節句のひとつに数えられ、
男の子が、強く逞しく成長し、立身出世することを願う行司として定着していきました。

昭和23年になると、国民の祝日に関する法律で、
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日となって、
男女問わず、お祝いをするようになったのです。

こどもの日の由来(子供向け)

image3

それでは、子供にわかりやすく説明するために、こどもの日の由来を簡単に紹介しますね!

1.もともとは中国の季節の厄払い行事であった。
2.平安時代に伝わり、日本では宮中行事となった。
3.日本古来のお祭りと結びつく。
4.鎌倉~江戸時代に、男の子のお祭りとなる。
5.昭和に男女の差をなくし、こどもの日となる。

これを繋げて簡単に子供に伝わるように話してみましょう!

例文をあげるとこんな感じです。

昔々の中国で、5月5日に病気にならないためのお祭りをしていました。
それが日本に伝わり、こどもが元気に育ち、産んでくれたお母さんに感謝する日として、
お祝いをするようになったのが、こどもの日です。

いかがでしょうか?

かなり端折りましたが、これくらいの方が伝わるのではないでしょうか?

こどもの日に一緒に作ってみるといいかもしれませんね。簡単折り紙こいのぼりの作り方↓

「こどもの日」が「子供の日」でない理由があるのですが、

1.「供」という漢字は大人の手下という感じがするから
2.ひらがなの方が子供が読みやすく、親しみがもてるから
3.「こども」は「子」の複数形であり、たくさんの子を意味するから

などがあったようです。

あまり意識していませんでしたが、確かにカレンダーでは「こどもの日」となっていますね。

そんな話を子供に聞かせても楽しいかもしれませんね。

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑