2015年のお盆休み!渋滞情報!ピークはいつ?

ゴールデンウィークが終わると、待ち遠しいのがお盆休み(夏休み)ですよね?

今は、社員の希望を聞き、夏休みを分散型にして、順番に休みを取る企業も多いようですが、
やっぱり夏休みはお盆の時期の方が多いようですね。

めったにできない帰省をしたり、お墓参りをしたり、子供のいる方はレジャーを楽しんだり・・・

でも、気になるのが渋滞ですよね?

SPONSORED LINK

早めに計画を立てたいあなたの為に、2015年のお盆渋滞の情報を紹介していきますので、
休みが短い方は、特に参考にして頂いて、時間を有効に使ってくださいね!

2015年のお盆の渋滞は?

image1

それでは気になる、2015年のお盆の渋滞情報を紹介していきますね!

まず、お盆の期間は8月13日(木)~8月16日(日)ですが、
前の週の土曜日の、8月8日(土)~8月16日(日)を夏休みにする企業も多いようです。

ですから、8月8日(土)から休みの人は9連休、
8月13日(木)から休みの人は4連休ということになります。

このように、連休が2パターンになることから、
渋滞も分散型となることが予想されているのです!

高速道路の下りのピークは、
8月9日(日)7:00頃と、8月13日(木)の6:00~7:00頃とされています。

2パターンある休みの初日の朝が下りのピークということですね!

SPONSORED LINK

休みの初日は終日、渋滞が予想されていますが、特に朝は最も渋滞する時間帯だそうです。

ピークに当たりたくない方は、8日(金)や、12日(水)の夜から深夜に走れば、
避けられそうですね。

image2

また、高速道路の上りのピークは、
8月15日(土)17:00頃となっています。

休みの最終日(16日)は家でゆっくりしたいと考える人が多く、
前日の15日(土)の夕方が最も渋滞する時間帯となるのですね。

image3

休みの終わりは9連休の人も、4連休の人も一緒なので、どうしても渋滞してしまいます。

15日(土)なら早朝、
14日(金)なら深夜に出発すると、もしかしたら渋滞を避けられるかもしれませんね。

最終日(16日)も渋滞は続くことが多いので、注意が必要です。

皆さんも、このようなことが無いように、安全運転でお願いしますね!

いかがでしたか?

できるだけ、早め早めの行動が、渋滞を避けるコツかもしれませんね。

渋滞はイライラすることも多く、事故発生の原因となることもあります。

SAで仮眠を取ったり、運転を交代するなどして、安全運転でお出かけしてくださいね!

因みに、飛行機や新幹線などの公共交通機関の下りのピークも8月9日の午前中、
上りのピークは、8月16日の午前中だそうです。

渋滞のない、公共交通機関の場合、ギリギリまで楽しむ方が多いのかもしれませんね。

公共交通機関の場合、渋滞はありませんが、混雑がありますので、
混雑を避けたい方は、夕方から夜の時間帯が穴場だそうですよ!

ぜひ、参考にして頂いて、渋滞を避け、時間を有効に使ってお盆休みを楽しんでください!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑