小学校の運動会の親子競技!みんなで楽しもう!

小学校の運動会の中で、特に低学年には親子競技というものがあり、
参加する側も、見る側も楽しみのひとつになっていますよね?

子どもの前で格好いいところを見せたい人、そんな保護者を見て笑う人、
色々な楽しみ方がありますが、あなたの参加した運動会ではどんな親子競技がありましたか?

今回は、小学校の運動会での親子競技にどんなものがあるのか?を紹介していきます。

定番な親子競技から、面白い親子競技まで、さまざま紹介していきますので、
ぜひ参考にしてくださいね!

SPONSORED LINK

小学校の運動会の親子競技

それでは、親子が一緒に楽しめる運動会の親子競技をいくつか紹介していきますね。

①ダンボールキャタピラ

開いた大き目のダンボールをつなげて、親子が入れるくらいの大きなキャタピラ状にします。

その中に親子で入り、四つん這いになって、ハムスターの大車輪のようなイメージで、
ゴロゴロ転がしながら前へ進む競技です。

思いのほか難易度が高く、親はへとへとで子どもは大喜びの盛り上がる親子競技です。

親子リレー その2 / noriqnub

②借り人競争

「借り物競争」は知っている人も多いかと思いますが、これは物ではなく、人で行います。

子どもだけだと「物」でも成立しないことが多いですが、親子でやると「人」でもできます。

引くカードには「ヒゲをはやしている人」「○○色の服をきている人」などを書き、
親子で該当者を探します。

物だと競技後に返す手間がかかりますが、人だと自分で帰ってくれるので、手間も省けます。

SPONSORED LINK

③ボール運び

ビーチボールなどの軽いボールを用意します。

子供は立ち、親は後ろに膝立の状態で、何組もの親子が順番に並び、2チーム以上作ります。

よーいスタートの合図で、前から順番に後ろへ向かってボールを渡し送ります。

途中、ボールを落としたり、手で打ってしまったりして、ボールがどこかへ飛んでいくと、
笑いが起こったりして、盛り上がります。

一番後ろへ行ったら、今度は逆向きにやっても面白いですし、
準備するものがボールだけなので、簡単にできますね。

こんな競技があることをあなたは知っていますか?
運動会の競技でおもしろいものを紹介します!(サイト内記事)

幼稚園の親子競技も良ければ参考にしてください
幼稚園の運動会の親子競技!定番から変わったものまでご紹介!(サイト内記事)

こんな競技も最高に面白いですね。間違えなければですけど・・・↓

いかがでしたか?

まだまだ小さい子どもだと思っていた低学年でも、
運動会で頑張っている姿を見ると、成長を感じ、嬉しくなりますよね?

親子競技は、高学年になるとやらない学校が多くなるそうですから、
保護者の皆さんも、今だけと思って頑張ってくださいね。

子どもは頑張っているお父さんやお母さんの姿は、案外忘れないものですよ。

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑