ウェディングドレスのグローブは必要なの??どんな意味があるの?

憧れのウェディングドレスを選ぶと、次にベールやグローブなどの小物選びがありますよね?

友達に聞くと、「意外とグローブって面倒くさいよ」なんて答えが返ってきたり、
食事や指輪交換などの際に、やりずらいなあと思った人も少なくないと思います。

そこで今回は、ウェディングドレスのグローブは必要なのか、
またウェディングドレスのグローブはなぜ着けるのか
、その意味について紹介していきます!

これから花嫁さんになる人は、ぜひ参考にして、グローブ選びを考えてくださいね!

SPONSORED LINK

ウェディングドレスのグローブの意味

それではまず、ウェディングドレスのグローブについて、着ける意味を紹介していきますね。

花嫁さんがウェディングドレスと一緒に着けているグローブは、
「露出を控える」というフォーマル的な意味合いと、「無垢を表す」という意味があります。

7

特に、町のカトリック教会で式を行う場合には、神様に肌を見せるのは失礼に当たるそうで、
グローブなしはNG
の所もあるようですよ。

また、結婚式前の花嫁は、無垢でけがれのない存在だと考えられているので、
それを表す意味で、グローブを着けるとされているのです。

その為、指輪交換の際にグローブを外す理由には、
「今からあなたのものになります」という誓いの仕草であると言われているのです。

因みに、新郎が手に持つグローブの意味、「花嫁を守る剣の代わり」とされているそうです。

ウェディングドレスやタキシードに合わせる小物ひとつひとつにも、
ちゃんとした意味合いが込められているんですね。

ウェディングドレスのグローブは必要?

8

グローブを着ける意味は分かったと思いますが、
それでは必ずグローブは着けなければいけないものなのでしょうか?

先程も言いましたが、町のカトリック教会などで式を行う場合には、
着けなければならない所があるようです。

SPONSORED LINK

しかし、チャペルやホテル、レストランウェディング、リゾートウェディングなど、
格式などを重んじない場所などの場合には、着けないという人も少なくありません。

プロに聞くと、「本人次第」なんて言葉が返ってくることもあるようですが、
最近はあまり「こうでなければならない」ということもなくなっているようです。

但し、見た目重視なら、グローブは着けた方が断然ドレス姿が素敵に見えるようですよ。
9

やっぱりグローブは着けた方が見た目的にいい感じがしませんか?↓

いかがでしたか?

今は結婚式もウェディングドレスも自由な発想をされる方が多く、人それぞれのようですね。

格式を重んじたり、見た目を重視して、グローブを着けるもよし、
指輪交換や食事の際に面倒だからと、グローブを着けないもよしですかね?

新郎や、家族と良く相談して、決めるといいかもしれません。

お幸せに~!!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑