ウェディンググローブの長さはどれくらい?黒はアリ?

ウェディングドレスをより素敵に見せる大切なアイテムのひとつにグローブがあります。

さまざまな種類があり、選ぶグローブの長さや色によっては、
ウェディングドレスが別のドレスのように見えることもあるほどです。

今回は、そんなウェディンググローブの長さや色について、紹介していきたいと思います!

これからウェディングドレスを選ぼうと考えている人は、ぜひ参考にして頂いて、
一生に一度のドレス姿を、納得のいくものにしてくださいね!

SPONSORED LINK

ウェディンググローブはどんなものがいい?

一般的に、ウェディングドレスには、
グローブやアクセサリーなどがセットになっていることが多いと思います。

しかし、その組み合わせでは納得できない、もっと個性的にしたい場合には、
別でグローブを選んでみると随分印象が変わると思いますよ。

1

それでは、グローブの種類について紹介していきますね。

グローブには、基本的に3つの長さがあります。

1.ロンググローブ
二の腕の真ん中ぐらいまでの長さがあり、指を隠すタイプです。
正統派な印象を与えますので、格式ある教会での挙式や、露出を嫌う人にお勧めの長さです。

2.ミドルグローブ
肘までの長さで、一番人気が高い長さのグローブが、このタイプです。
特に、二の腕を気にしている人や、すっきり見せたい人にお勧めの長さです。

3.ショートグローブ
手首までの長さで、カジュアル度の高い挙式に向いている長さが、このタイプです。
ショートは素材やデザインが豊富で、二次会時のミニドレスにも合せやすいものが多いです。

2

グローブなので、基本的には指を隠すものになりますが、指輪交換や披露宴での食事の際に、
正直グローブが邪魔になることってありますよね?

そんな時、グローブを外す手間を省く為に作られた「フィンガーレス」タイプがあります。

ネイルもキレイに見せることができ、最近人気が高まっています。

SPONSORED LINK

フィンガーレスのミドルグローブの人気が高いようですが、
教会式では許可されない場合もあるので、事前に確認はするようにしてくださいね!

長さがわかったところで色は何色にすればよいのでしょうか?

基本的にウェディングドレスの色と合わせることをおすすめします。
3

白と言っても、真っ白、オフホワイト、アイボリーなどちょっとした色の差がありますよね?

白に関しては、極力色をそろえる様にすると、見た目がよくなります。

カラードレスの場合には、黒などの反対色を持ってきても面白いですし、
あえて白のグローブというのもありでしょう。

グローブの長さもそれぞれですね。参考にファッションショーをご覧下さい↓

いかがでしたか?

私の友人は、黄色のドレスに黒いミドルグローブを合わせ、とても素敵でしたよ。

グローブは、素材によっても随分見た目が変わってくるので、
色々な種類を試してみるといいと思います。

一生に一度ですから、妥協しないで、納得いくまで試着して決めてくださいね!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑