寝起きの背中の痛みはどうして起こるの?原因はなに?

朝起きると背中が痛い!こんな一日の始まりは憂鬱ですよね?

こんな背中の痛みを放置しておくと、痛みが慢性化したり、
重篤な病気のサインを見逃してしまう恐れ
もあるんです!

様々な要因が考えられる寝起きの背中の痛みですが、一刻も早く痛みを取りたいですよね?

今回は、そんな痛みの原因をいくつか紹介していきますので、
ぜひ自分の背中の痛みの原因は何なのかを知って、目覚めのいい朝を迎えていきましょうね!

SPONSORED LINK

寝起きの背中の痛みの原因

起きようと思ったら、背中が痛くて起き上がれない!こんな毎朝は最悪ですよね?

寝相が悪かったかな?
ちょっと疲れが溜まっているのかな?

そう思っていても、連日続くようでは、朝起きるのが苦痛になってしまいますよね?

それでは、寝起きのこの背中の痛みは何なのか、紹介していきますね。

①筋肉の疲れ

運動不足やデスクワークなどで同じ姿勢を長時間続けていると、
筋肉が衰えて背骨が歪み、痛みを発症することがあります。
11

②無理な姿勢で寝る

寝床が狭かったり、子供と一緒の布団で寝るなど、無理な体勢で寝てしまうと、
身体に負担が掛かり、痛みを発症することがあります。

③疲れが溜まっている

極度に疲れが溜まっていると、寝返りを打つこともできず、
身体に負担が掛かり、痛みが発症します。

④寝具が合っていない
12

柔らか過ぎる、硬過ぎる、枕の高さがあっていないなど、
寝具が自分に合っていないと、背骨が歪み、痛みを発症します。

SPONSORED LINK

基本的に、身体に負担をかけ、背骨が歪んでしまうと、痛みが発症します。

ひどく背骨が歪んでしまう前に、就寝前や寝起きのストレッチは効果的です。

就寝前は筋肉をほぐすように、リラックスしながら、ゆっくりと行いましょう。

寝起きは、朝のこわばりを改善するように、時間を掛けて行うのがポイントです!

背中の痛みの原因と症状の改善に役立つストレッチはこちら↓

また、運動不足からも背中の痛みを発症することがあるので、

疲れを溜めない程度の運動は必要になります。

背筋を伸ばした正しい姿勢で、1日30分~1時間程度のウォーキングがおすすめです。

いかがでしたか?

寝起きの背中の痛みの原因で当てはまるものはありましたか?

生活習慣を変えても、なかなか改善されない場合は、病気のサインの可能性もありますので、
自己判断せずに、医師の診察を受けるようにしてくださいね。

また、時にはプロのマッサージ師などにお願いし、
リラックス状態で、コリをほぐしてもらうのもいいでしょう。

睡眠は1日のうちの約1/4を締めますので、快適な睡眠環境を整え、
目覚めの良い朝を迎えられるよう、頑張りましょうね!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑