母親が入学式につけるコサージュの選び方!

入学式は何着て行く?なんてママ友同士で相談したりしますか?

意外と皆が相手の出方をそれぞれ探りあって、
なかなか決まらなくて悩んでいるお母さんも多いようですね。

恥はかきたくないけど、あんまり地味なのも・・・とお悩みのお母さん必見!

気回しの利くスーツなのに、華やかでかつ上品な、
入学式で親がつけるおすすめのコサージュ情報を、
色や形、種類など細かく紹介していきます。

SPONSORED LINK
HJ

いつもとは違うお母さんで子供も喜び、ママ友にあっと言わせる、
コサージュの選び方を紹介していきましょう。

コサージュの種類

コサージュはもともと
服装を華やかにし、相手に喜びを伝えるために付けるものだったそうです。

スーツを普段着ることのないお母さんは、
冠婚葬祭で着ているスーツにコサージュひとつで充分変身できます。

今は造花のコサージュと言っても素材が豊富で、
オーガーンジーを使ったものや、シルク、サテン、レースなど、
さまざまな生地を使ったコサージュがあります。

他にも、今流行のビジューを使ったコサージュは、
パールなどのあまり派手でないものなら入学式に向いています。

image1

ベルベット素材のものに関してだけは、冬の素材になるので、
卒業式には使えますが、入学式には使えません。また、黒色のものも入学式にはタブーです。

その他、麻、木綿、ニット、フェルト素材のコサージュはカジュアルになってしまうため、
入学式には不向きです。
ちなみにスカーフは仕事着に当たるので、入学式などではしないようにしましょう。

おすすめのコサージュ

image2

入学式なので、明るめの色が合うでしょう。
服装が明るめのスーツなどの場合同系色の濃い色を選ぶと華やかさが増し、
濃い色のスーツなどの場合は、反対色の淡い色のコサージュを選ぶと映えるでしょう。

人気が高いのはピンク系、白や淡いオレンジなどの明るい色です。
明るい色を顔周りに持って来ると、顔色が明るく見える効果があるそうですし、
明るめのスーツでも濃い色のスーツでも合わせやすいです。

素材は明るめの色の場合は、重たいコサージュよりも、
ふんわりとした軽めのコサージュが人気です。
パールやクリスタルなどのビジューが少し入っているとより華やかになって人気が高いです。

あまり大きすぎると結婚式のようになってしまうので、
全体が10cm前後ぐらいのものを選ぶといいでしょう。

生花のコサージュも素敵ですが、時間が経つとへたって来ることが多々あります。
入学式の後に父母会があったりすると帰る頃には見るも無残なんてこともあり得ますので、
入学式には少し不向きです。

image3

生花ではないですが、生花に見えるプリザードフラワーなども最近では人気ですが、
少々お高いようです。

プリザードフラワーのコサージュ↓

主役はあくまで子供ですので、お母さんだけが目立ち過ぎないようにだけ注意してくださいね。
おすすめコサージュを参考にして頂いて、ぜひ素敵な入学式をお迎えください。

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑