入学祝いののし袋の書き方&選び方

春になると、入学祝いなどのお祝を渡す機会が増えますよね?

そんな時、のし袋はどういうものが良いのか、
表書き中袋はどうやって書いたらいいのか、考えてしまうことはありませんか?

ある程度の年齢になり、いまさら人には聞けないし、
かと言って、常識知らずとは思われたくないし・・・

というあなたに入学祝いを贈る際の、のし袋の選び方、表書きや中袋の書き方を紹介します!
恥ずかしい思いをしないためにも、ぜひ参考にして常識人になっちゃいましょうね!

SPONSORED LINK
HJ

のし袋の選び方

お祝ごとは「赤」の、のし袋。
というくらいは皆さんご存知だと思いますが、

同じ「赤」でも水引によって意味が違ってくるのをご存知ですか?

「結びきり」「蝶結び」というものがあるのです。

「結びきり」は、結び目が固いので、
簡単に解けない = 結婚祝いなどの、一度きりの事柄に適しています。

image1

「蝶結び」は、結び目が直せ、
何度も結びなおせる = 入学祝いなどの、何回あってもいい事柄に適しています。

image2

また、のし袋は包む金額によっても変えなければいけません。

1万円まででしたら、水引が印刷してある、のし袋を選びましょう。

印刷してあるものの中でも、「封筒形」「多当折型」があり、
関東以外では「封筒形」
関東では「多当折型」が一般的に使われています。

また、2万円~3万円ぐらいでしたら、印刷ではない水引が付いた、のし袋を選びましょう。

表書きの書き方

それでは、入学祝いの表書きの書き方を紹介しますね。

のし袋の上段には「入学御祝」「祝御入学」、
親しみを込めたい場合は「御入学おめでとう」などでもOKです(小さめの文字で2段書き)。

下段に、名前をフルネームで書きます。

夫婦連名の場合は、夫が右際にフルネーム、妻が左側に名前だけでもOKです。

3名まではフルネームで連名可能です。
上下関係のある場合は、右側から地位が高い方となります。
友人同士なら、五十音順に右側から書きます。

書く際は、できるだけ濃い黒の毛筆か、筆ペンが基本です。
かすれないように、しっかり書きましょう。

中袋の書き方

それでは、意外と間違いの多い、中袋の書き方を紹介しますね!

最近では、予め金額や住所などを書く欄があるものが多いので、
書く欄がある場合には、その欄に記入するようにします。

書く欄がない場合には、
中袋の表の中央に「金額」、裏の左側に「住所と名前」を書くようにしましょう。

また、裏の左側に金額だけを書く欄がある場合がありますが、
その際には、住所と名前を表の左側に書くようにします。

また、金額を書く際に使用する漢数字ですが、
一 → 壱
二 → 弐
三 → 参
万 → 萬
を使用します。

金額の上に「一、金」を付け、最後に「也」を付けると丁寧になります。

例:「一、金 壱萬円也」といった感じです。

また、お祝い事の際は、お金の表(顔が印刷されている方)を上にして中袋に入れ、
中袋も表を上にして包みます。(仏事はお金を逆に入れるので間違えないように)

包み方を間違えないよう、確認してくださいね。祝儀袋の中袋の正しい入れ方↓

また、のし袋の裏の部分(外側の裏側の折り返しの部分)にも注意が必要です。

お祝い事は「天を仰いで喜びを表す」などの意味から、
下部が上になるよう、折り重ねます。
(仏事は逆なので間違えないようにしてくださいね)

私は、お祝い事は「幸せがこぼれないように」と教わりましたが、
覚えやすかったですね。

これで、皆さんも、きちんとしたマナーで入学祝いを贈れますね。
後は、「おめでとう」の気持ちも一緒に贈ってください。

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑