アメリカのバレンタインの日本との違い!衝撃的な事実が!

バレンタインと言えば、
男性はワクワク、女性はドキドキといったところでしょうか?

しかし、これは日本人だけに限ったことなのです!

アメリカでのバレンタインはどういうものなのか知っていますか?

あまりの日本との違いにカルチャーショックを受けるかもしれませんが、
今度のバレンタインはアメリカ式にしてみるのもアリですよ!

SPONSORED LINK
HJ

日本のバレンタイン

image1

ご存知の通りだと思いますが、

2月14日のバレンタインデー。

日本では女性が好きな男性にチョコレートを渡し、告白する日とされています。
(会社の上司などに義理チョコを渡す習慣もありますが・・・)

そして、それに続き3月14日のホワイトデーがあり、
男性から女性へ、お返しを渡す日とされています。
(お返しは3倍なんていいますよね?)

アメリカのバレンタイン

image2

それでは、アメリカと日本のバレンタインの違いについて紹介していきますね。

まず、アメリカでは女性から男性へ「チョコレート」を渡すという決まりはありません。

基本的には男性から女性へ「プレゼント」を渡す日とされているようです。

但し、それ以外にも、母親から子供へ、姉から妹へ、クラス全員が全員へなど、
特に誰から誰への決まりはなく、大切な人に愛と感謝を表現する日のようです。

その中でも、夫や彼氏からは「プレゼントはあって当然」の感覚があるそうなので、
そういう間柄の女性がいる男性は、プレゼントを忘れない方が良いでしょう。

ちなみに、レストランを予約する男性も多いそうですよ。

贈るプレゼントもさまざまで、
キャンディー、チョコレート、ぬいぐるみ、花束、風船、ジュエリーなどが多いそうです。

アメリカは車社会なので、バレンタインになると、
ガソリンスタンドに、こういうプレゼントの店が出店することがあるそうです。

また驚きなのが、アメリカにはホワイトデーが存在しないということ。

日本では、お菓子メーカーが作った日とされているので、
アメリカ人に「ホワイトデー」と言っても、「何それ?」となるのでご注意を!

日本とアメリカのバレンタイン・ホワイトデー分化の違いはこちら↓

日本では、女性から男性へという習慣ですが、逆がいけないという決まりもありません。

実は昔、私も想いかけず、好きな男性からバレンタインに逆チョコを貰ったことがあります。

本当に驚きと嬉しさでいっぱいでしたが、
その時「アメリカでは男性から女性へ渡すんだよ」と聞き、
日本もこういう習慣になればいいのに・・・と思いました。

草食男子なんて言われないよう、好きな女性がいる男性は、
アメリカバージョンの逆チョコで、今年は好きな女性に告白してみてはいかがですか?

成功をお祈りします!!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑