カラオケを音痴でも楽しむ方法と克服する方法!

一次会で盛り上がったから、二次会でカラオケへという時、
あなたなら参加しますか、参加しませんか?

カラオケは好きだけど、音痴と言われるのが恥ずかしい、知られたくないというあなた!

そんなあなたの悩みを解決する、
カラオケでの、音痴克服方法をいくつか紹介します!

これで少しでも音痴を克服して、カラオケを楽しんでくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

カラオケに行って楽しむ為のポイント

image1

まず、せっかくカラオケに行ったのなら、音痴であろうとなかろうと楽しみたいですよね?

音痴だからと言って、嘆くことはありません。

始めに、カラオケに行って楽しむ為にはどうしたらいいか、紹介しましょう!

・盛り上げ役に徹する
音痴だからと言って、部屋の隅で曲を選んでいるフリ、していませんか?
歌わなくても、手拍子やマラカス、タンバリンなどで盛り上げれば、周りの人も喜びますよ。

・一人で歌わない
何人かで歌えば、自分の音痴も目立たないし、発声練習にもなります。まずは数人で。

・選曲は慣れたモノを
誰もが認める難しい歌や、バラードなどは音痴がバレやすいものです。
少々アップテンポな曲で、音域の狭い、歌いやすい曲を1つは作りましょう。

音痴の克服方法

image2

それでは、楽しいカラオケで、音痴と言われない為にも、
音痴の克服方法をいくつか紹介していきますね!

1.音程がずれる音痴の場合

一番大切なのは、自分の声を理解することだそうです。

音痴の認識があっても、なくても、どの程度ずれているのかを確認する必要があるそうです。

ボイスレコーダーなどで歌声を録音し、聞く音と、発する音を近づけることが必要です。

また、音域が狭くて音程がずれる場合には、ボイストレーニングが不可欠です。

頭の後ろから声が出て、空に上っていくようなイメージで、リラックスして行いましょう。

自分に無理のない範囲で、少しずつ出せる音を広げていくのがポイントです。

2.リズムが取れない音痴の場合

リズムにあまり触れてこなかった人や、運動神経がない人に多いそうです。

リズムゲームで感覚を養うのも良い方法ですし、色々な曲をたくさん聞くのも効果的です。

カラオケでは、音程をとることや、字幕を追うのに必死になりがちです。

同時に2つのことをやるのは大変なので、選曲は慣れたものにし、
リラックスして歌うことで、自然とリズムにのりやすくなります。

私個人的には、音痴の人がいても「音痴なのね~」くらいにしか思いませんよ。

多分、音痴と言われてしまった人は気にされるかもしれませんが、
お金を払ってカラオケに行くわけですから、開き直って楽しむほうがいいと思います!

「音痴ですけど何か?」くらいの気持ちで、思いっきりカラオケを楽しみましょう。

たくさん歌うことも練習になるので、克服方法の1つですからね!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑