日焼け止めの使用期限は?開封済みの場合と未開封の場合について!

寒い冬から暖かい春に近づいてくると、
そろそろ日焼け止めを買わなくちゃ!と思う人も多いですよね?

あれ?でも去年買ったのがこんなに余ってる・・・なんてことは良くありませんか?

しかし、それって使って大丈夫なのか疑問に思いませんか?

今回は意外と知られていない、気にしない、日焼け止めの使用期限について紹介します。

開封したものと、未開封のものと差があるのかなど、詳しく紹介していきますね!

SPONSORED LINK

日焼け止めの使用期限

image1

それでは、日焼け止めはいつまで使えるのか、分かりやすく紹介していきますね。

そもそも日焼け止めには、使用期限などの表示義務はなく、
殆どの商品で表示もされていないのが現状です。

通常、化粧品についての使用期限は、
未開封のものであれば、製造日より3年間の品質保証が法律で定められているそうです。

では、日焼け止めはどうなのでしょうか?

ズバリ!

開封したもの → 6ヶ月~1年以内

未開封のもの → 1年~3年

image2

さまざまな見解があり、期間に差がありますが、
去年の夏に買って使用した日焼け止めが余っていたとしても、使わないのが正解なのです。

多くの日焼け止めには、雑菌の繁殖を防ぐ為の防腐剤が入っているのですが、
使い切る目安の量の防腐剤しか入っておらず、それを過ぎると効果は半減するそうです。

ですから、開封して時間が経ったものは雑菌が繁殖してしまう可能性が高く、
それを使用すると、肌トラブルの原因となってしまうことがあるのです。

SPONSORED LINK

どうしても使い切れず、もったいないと思う方は、高温多湿の場所は避けて保管し、
秋から冬にかけて、腕や足に使用してはいかがでしょうか?

これも、クリームの分離や固化、悪臭がする場合、
肌に異常が出た場合などは、すぐに使用を中止してくださいね。

また、未開封のものでも、保管状態が良くないものは1年以内であっても、
良く状態を見てから使うようにしてください。

すぐに顔に使用することは避け、
腕の内側などでパッチテストをやってから、使うようにすると良いでしょう。

但し、スプレータイプのものは、正しい保管状態であれば、製造から3年は使用できます。

逆に、無添加のものは防腐剤などが入っていないので、
開封後は6ヶ月以内、未開封でも1年以内に使い切ることが必要です。

いずれにしても、肌トラブルを起こさない為には、
正しい保管で、開封後は1年以内に使い切るように心がけることが大切ですね。

気になる人には手作りがおすすめ!日焼け止めクリームの作り方はこちら↓

どうでしたか?

ついつい、去年のまたは一昨年の日焼け止めを使っていたなんて方もいたのではないですか?

たとえ肌トラブルが起こらなかったとしても、
使用期限の過ぎたものは、肌にはよくありませんよね。

これからは、余らせることなく、ワンシーズンで使いきれるよう、
毎日きちんと使い、大量購入をすることのないようにしましょうね!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑