お化粧をしてるときの日焼け止めの塗り直し方法ってどうやるの?

皆さん、日焼け止めって塗り直しが必要だって知っていますか?

朝一度塗れば一日効果が持続するわけではなく、
2~3時間ごとに、塗り直しが必要なんですって!

でも、化粧してしまった顔は、塗り直しって難しいですよね?

そこで今回は、化粧している時、顔に日焼け止めを塗り直したい場合はどうすればいいのか?

を、わかりやすく紹介していきます!ぜひ、参考にしてくださいね!

SPONSORED LINK

化粧している時の日焼け止めの塗り直し方法

image1

日焼け止めを朝塗ったら、なかなか日焼け止めを塗り直すってことしないですよね?

でも、日焼け止めの効果は商品に限らず2~3時間と言われています。

ですので、2~3時間おきに塗り直しが必要となるのです。

正直、面倒くさい~と思っている人も多いでしょう。

でも、怖~い紫外線からお肌を守る為です!頑張りましょう!!

では、塗り直しの方法を紹介しますね。

①メイク落としをせずに、日焼け止めを塗りなおす方法

日焼け止めを塗り直す時は、
肌の表面に浮いている、汚れや油分などを取り除く必要があります。

それをするには、
ふき取り化粧水(コットンなどに化粧水をふくませてあるもの)を使うと便利です。

なければ、アルコールフリーのウエットティシュや、
自分でコットンに化粧水を含ませたものを作ってもいいでしょう
それらを使い、アイメイク以外の部分を優しくふき取ります。

保湿をして肌を整え、日焼け止めを塗り直し、化粧下地とファンデーションを塗ります。

大して汗をかいていない場合は、油とり紙で汗を抑え、
UVカット効果のあるファンデーションでメイク直しでもOKです。

しかし、効果は日焼け止めの塗り直しより低そうですので、塗り直しがおすすめです。

SPONSORED LINK

②メイクを部分的にオフする方法

image3

手間は掛かりますが、最もきれいで確実に塗り直しができる方法です!

クレンジングシート(コットンシートにクレンジング剤が含まれているもの)や、
コットンにクレンジングミルクを含ませたもので、鼻、頬、顎を拭き、メイクオフします。

クレンジング剤が肌に残らないよう、
ウエットコットンに乳液を含ませたものを使い、さらに拭き取ります。

こうすることで、メイクや日焼け止めが落とせると同時に、保湿までできるのです。

そして日焼け止めを塗り直した後、化粧下地とファンデーションを塗ります。

今は、精製水を含んで一枚ずつ包装されたコットンや、
メイク直し用の製品なども多く販売されていますので、取り入れてみるのもいいでしょう。

日焼け止めを塗り直すタイミングっていつ?
日焼け止めの塗り直しに適切な時間間隔とおすすめのタイミング!(サイト内記事)

また、日焼け止め効果のあるBBクリームや、色つきの日焼け止めなどもあるので、
ノーファンデーションでもOKの方には、塗り直しが簡単なのでおすすめです。

パウダータイプやスプレータイプのものは、
使用量が少ないと効果が発揮できない場合がありますので、
顔に使用する場合は、補助的なものと考えた方がいいでしょう。

手間はかかるかもしれませんが、確実に日焼けからお肌を守るには頑張るしかないですね!

美は一日にしてならずです!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑