婚約指輪と結婚指輪は違います!その違いを解説!

プロポーズをしようかと考えているそこのあなた!婚約指輪は用意しましたか?

OKをもらってから、一緒に買いに行くという方も多いかもしれませんが、
婚約指輪を用意して、プロポーズをするっていう人もいますよね?

しかし、そもそも婚約指輪と結婚指輪って違うの?なんて言う男性も多いとききます。

いまさら聞けない!と言う人のために、婚約指輪と結婚指輪の違いを紹介しますので、
これから結婚やプロポーズを考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

SPONSORED LINK

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪の違いですが、これは読んで字の如く、

婚約指輪は婚約時にする指輪で、結婚指輪とは結婚時にする指輪を指します。

詳しく説明すると、

婚約指輪とは、結婚の約束をした男女間で、男性から女性に贈られる指輪のことです。

image1

ドラマなどでよく見る、プロポーズ時に差し出して、結婚の約束のOKをもらう、
あの時の指輪です!

婚約の証や、婚約記念などの存在意義があり、
ダイヤモンドなどの高価なものを選ぶのが一般的となっています。

SPONSORED LINK

ダイヤモンドは宝石の中で、最も硬い石であることから、
「硬く、永く続く愛」の意味合いで、ダイヤモンドが主流となったと言われています。

中には、誕生石を選んだり、好きなデザインにしたりとさまざまで、
必ずしもダイヤモンドでなければいけないという訳ではありません。

普段使いというよりは、特別なパーティーの際に使用するなど、
華やかなデザインのものが多いです。

一方結婚指輪ですが、

結婚指輪は、結婚式において二人の誓いの証として交わされる指輪のことです。

image2

こちらもドラマでよく見ると思いますが、結婚式で二人の誓いを述べた後に、
お互いが指にはめ合う、あの時の指輪のことです。

稀に、なかなか指に入らず、笑いが起きてしまう、あれですね!

結婚後も特に女性は日常的に薬指にはめて生活する人が多いですが、
男性は、仕事の関係や、指輪自体に慣れないなどの理由から、外している人が多いです。

日常的にする指輪であることから、飾りは控えめでシンプル、
素材はプラチナやゴールドのものを選ぶ人が一般的
とされています。

image3

婚約指輪って作るの大変なんですね。有り難味がわかるかも?

いかがでしたか?

婚約指輪と結婚指輪は、購入する時期や意味合いが違うことがお分かり頂けましたか?

中には、婚約指輪をペアで購入し、結婚指輪としても使うなどの人もいますので、
必ず両方を用意しなければならない訳ではありません。

しかし、女性の方からこのような提案がない場合には、
婚約指輪と結婚指輪は別で用意した方が、喜んでもらえることは間違いないでしょう。

これから、結婚やプロポーズを控えている皆さん、頑張ってくださいね!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑