滑舌が悪い原因はなんなの?実は原因はコレだった!

ここぞという大事な場面で噛んでしまい、がっかりされた経験はありませんか?

プレゼンや、告白、プロポーズなどで、相手に伝えたいことがうまく伝わらなかったり、
その場の雰囲気を壊してしまうと、悲しくなりますよね?

今回は、滑舌が悪い原因について、詳しく紹介していきたいと思います。

意外と滑舌が悪くて悩んでいる人は多いといいますので、なぜ自分の滑舌が悪いのか、
原因を知って、克服していきましょう!

SPONSORED LINK

滑舌が悪い原因

もともと「滑舌」の意味とは、アナウンサーや俳優などが口の動きを滑らかにするために行う
発音の練習のことや、早口言葉をしゃべることを言います。

ですから、アナウンサーでもなく、俳優でもなければ、滑舌が悪くても構わないのですが、
できれば、滑らかに話すことができれば、それに越したことはありませんよね?

4

その程度のことなんだと、軽く考えて、読み進めてくださいね!

それでは、滑舌が悪い主な原因をいくつかあげていきますね。
5

・唇と舌がうまく動いていない(舌が硬いなども含む)
・口角がきちんと上がっていない(口周りの筋肉が弱っているなども含む)
・母音を正しく発音できていない(正しい発声ができていないなども含む)
・喉から口周りに物理的な問題がある(歯並びや骨格が悪いなども含む)
・精神的に問題がある(上手く話せないと思い込んでしまう)
・口の開け方が小さい
・呼吸コントロールができていない(息の瞬発力がないなども含む)
・姿勢が悪い

SPONSORED LINK

あなたが自分で滑舌が悪いと自覚しているとしたら、このどれかが当てはまると思います。

多ければ多いほど、滑舌が悪いと言えるかもしれません。

例えば母音「あ・い・う・え・お」がきちんと正しく出せないと言葉はきれいに発音されず、
聞き手にも伝わりにくくなってしまいます。

トレーニング方法についての記事です
滑舌を良くしたい!トレーニングの方法は?(サイト内記事)

限界に挑戦してみませんか?
早口言葉の難しいもの一覧!言えたらあなたもプロ顔負けの腕前です!(サイト内記事)

また、特に多い滑舌が悪い原因のひとつに、呼吸法があります。

私たちは話す際、腹式呼吸と胸式呼吸のミックスで話しています。

それが、無意識のうちに胸式呼吸よりになってしまうと、声も通らず、
滑舌が悪くなってしまう
んです。

滑舌が悪い、はっきり話せない、だから自信がない、から脱出するにはこちら↓

いかがでしたか?

あなたや、あなたの周りの人の滑舌が悪い原因がわかったでしょうか?

努力次第で滑舌の悪さは克服可能ですから、あまり考え込まないでくださいね。

考え過ぎてあまり話さなくなるのも、滑舌が悪くなる原因となってしまいますから、
これも、ひとつの個性と受け止め、どんどんお話するようにしましょう!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑