滑舌を良くしたい!トレーニングの方法は?

あなたは人と話をしていて、よく聞き返されることがありますか?

相手に何度も「えっ?」と聞き返されると、話すのも嫌になったりしますよね?

相手にイライラされると、尚更話をするのが怖くなってしまうこともあるでしょう。

今回は、滑舌が悪く悩んでいる人の為に、滑舌が良くなるトレーニング方法を紹介します!

もう「えっ?」と聞き返されずに、楽しくお話ができたり、
仕事の幅が広がるなんてこともあるかもしれませんから、ぜひ頑張ってくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

滑舌が良くなるトレーニング

それでは、まず早口言葉を使って、滑舌が悪い原因を確認します。

① 生麦生米生卵×3回
② ミルコクロコップ×3回
③ 東京特許許可局×3回
④ よど殿もよど殿なら ねね殿もねね殿だ
⑤ お綾や親にお誤り お綾や親にお謝りといい

どの番号の早口言葉が言いにくかったかによって、練習方法が違ってきます。

①や②が言いにくかった人

唇と舌を上手く使えていないと言えます。
必ず鏡を見ながら、唇と舌の動きを滑らかにするトレーニングを行ってください。
1

トレーニング
「らな」という言葉を続けて言い、慣れてきたら、スピードアップで20回繰り返します。

次に「らぬ」という言葉で同様に行っていくと、唇と舌の動きがよくなります。

③が言いにくかった人

口角が上がっていない人と言えます。
表情筋が鍛えられていないので、鏡を見ながら上下の歯が見えるよう意識して行いましょう。
2

トレーニング
「おあ」という言葉を続けて言い、慣れてきたら、スピードアップで20回繰返します。

「お」と「あ」を続けて言うには、口角を上げる事になるので、表情筋が鍛えられるのです。

④や⑤が言いにくかった人

母音が正しく発音できていない人と言えます。
きちんと母音を意識して発音できるよう、トレーニングしていきましょう。
3

トレーニング
「おはようございます」→「おあおうおあいあう」
「ありがとうございました」→「あいあおうおあいあいあ」のように母音だけで発声します。

言葉は何でも構いません。ひたすら母音のみで発声します。

この練習を繰返すことで、母音を意識して発音できるようになり、
ひとつひとつの単語が明確に発音できるようになっていく
のです。

限界に挑戦してみませんか?
早口言葉の難しいもの一覧!言えたらあなたもプロ顔負けの腕前です!(サイト内記事)

関連記事
滑舌が悪い原因はなんなの?実は原因はコレだった!(サイト内記事)

アナウンサー式「滑舌が良くなる」発生練習はこちら↓

いかがでしたか?

他に、全てに共通して言えることですが、
滑舌には「発声の仕方」=腹式呼吸がとても重要なのです!

中でも「す」や「は」などの息が漏れやすい言葉は、腹式呼吸が必要になってきます。

トレニーニング方法は、「す」の発声時にはお腹を凹まし、
「は」の発声は10回連続で大きな声ではっきり声に出すことを意識する
といいそうです。

これらの練習は、1日1回、朝鏡を見ながらトレーニングするだけでOKです。

毎日の積み重ねで、結果は出るそうですから、諦めずに頑張って取り組みましょう!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑