年上の彼氏の呼び方を迷っているなら必見!

あなたは、年上の男性とお付き合いをしたことがありますか?

比較的年上の男性とお付き合い経験のある女性は多いようですが、
その際、彼氏をどのような呼び方で呼んでいますか?

年上ならではの呼び方にするのか、
彼氏なんだからどんな呼び方でも・・・と考え方はさまざまですよね?

今回は年上の彼氏の場合どんな呼び方が良いのか、さまざまな意見を紹介していきますので、
ぜひ、今後の参考にしてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

年上の彼氏の呼び方

それでは、年上彼氏の呼び方をいくつか紹介していきますね。

・苗字+さん

付き合う前に、苗字にさん付けで呼んでいた場合、
相手から何か提案があるまで、あえてそのままというのが無難でしょう。

付き合い始めたとたんに、馴れ馴れしくなるのを嫌う彼氏なら、これがおすすめです。

少しよそよそしい位が初々しくて丁度よく、彼氏から変更の提案を待つのも良いでしょう。
1

・名前+さん

年上で一番多いのがこのタイプですね。

男性はプライドが高い人が多く、
年下の女性から「くん」や「ちゃん」付けを嫌う人も多いと言います。

苗字で呼ぶより他人行儀な感じもなく、名前で呼ぶことで親しみが湧き、
さん付けにすることで、尊敬や慕っている雰囲気を表現できますね。

・あえて「くん」や「ちゃん」付け

中には、同世代のカップルと同じように、
「くん」や「ちゃん」付けで呼ばれたいと思う人もいますよね?
2

相手にもよりますが、急接近したい場合にはおすすめかもしれませんよ。

・愛情溢れるあだ名

最初からというのは少しハードルが高いかもしれませんが、
お互い仲が深まってきたら、少しフランクな愛情溢れるあだ名で呼び合うのもいいでしょう。

但し、年上の場合、外で呼ばれるのには抵抗があるという人も多いので、
TPOをわきまえて使うようにしましょうね。

参考にいかがですか?付き合う前の脈アリ男性のサインはこちら↓

いかがでしたか?

付き合う前がどういう状態であったかにもよりますが、
付き合うことが決まった時に、二人で相談して決めてもいいですよね?

それがきっかけとなり、二人の仲がぐっと近くなることも多いでしょう。

年上の彼氏から呼び方について相談があった場合は、いくつか候補をあげ、
その中から、彼氏に選んでもらうと良いでしょう。

年上彼氏の場合には、相手を尊重し、立ててあげるぐらいが丁度いいかもしれません。

また、フレンドリーで歳の差を気にしない彼氏なら、
いくつかフランクな提案をしてみるのも良いでしょう。

お互いの関係性によって、途中で変えてみてもいいですし、
あまり気にしすぎてぎくしゃくしないよう、呼びやすい呼び方を決めてみてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑