カラオケでビブラートを出すコツ!

カラオケに行って、「この人歌が上手いなあ」と感じる人って、
ビブラートを上手に操れる人ではないですか?

カラオケに行って、人前で歌うなら、できるだけ歌を上手く歌いたいと思いますよね?

今回は、カラオケで歌を歌う際に、ビブラートを上手く出すコツを紹介します!

まずは、簡単にビブラートができるようになるコツを紹介していきますので、
しっかり習得し、次のカラオケでぜひ周囲を「あっ」と言わせてみてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

カラオケでビブラートを出すコツ

まず、そもそもビブラートとは何なのかを説明していきますね。

歌っている人がビブラートを出せば、「これこれ」と言えるのですが、
文字にして説明するとこれがなかなか難しいんです。

簡単に言えば、「歌声や演奏などで、音の高さを細かく上下に震わせること」になります。

さまざまな機会でカラオケに行くと思いますが、
どうせ歌うなら、ビブラートを使って上手く歌いたいですよね?
3

しかしビブラートは、何もしないで誰でも簡単にできるようになるものではないんです!

では、ビブラートのコツを順を追ってみていきましょう。

1.腹式呼吸で歌い声量を上げる

喉で歌っていては、ビブラートは上手くできません。

2.鏡の前で肩幅に足を開き、力を抜き楽にする

3.やや大きめに口を開け、喉を開け閉めする

喉仏を上に上げると喉が閉まり、喉仏を下に下げると喉が開きます。
4.喉を開けた状態で「あ――」と声を出す

喉を開けた状態で歌えれば、ビブラートを半分マスターしたようなものです!

5.お腹に手を当て、ゆっくり「あ――」と歌う

大きく息を吸って、喉を開きながら、喉を使わずにお腹から搾り出す感じで何回も歌います。
4

6.息が続かなくなるまで「あ――~~~」と歌い、息が切れそうになったら、お腹を震わす

同時に、喉仏を少し震わすことができれば、ビブラートのイメージが掴めます。

7.横隔膜を震わす感じで、喉仏が動くコツがつかめたらOK!

何回も繰り返して練習し、コツがつかめたらカラオケに行って、練習してみましょう!

ほかにもこんな方法が!誰でも簡単ビブラート練習法はこちら↓

いかがでしたか?

ビブラートができるようになるには、まず腹式呼吸からなんですね!

腹式呼吸はビブラートができるだけでなく、声量の上がり、音程も安定し、
いいことずくめだそうですよ!

因みに、ビブラートを上手く聞かせるには、
超アップテンポな曲や、超スローテンポの曲、極端にキーの高い曲は向かないそうです。

ミディアムテンポで自分のキーに合った曲を選び、ぜひ、周囲を驚かせちゃってくださいね!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑