カラオケでビブラートを出す為の5種類の練習方法!

カラオケでビブラートが使えるようになったらいいのに・・・と思ったことはありませんか?

ビブラートが上手く使えるようになると、歌も上手く聞こえますし、
何より、見ていて格好いいですよね?

そこで、今まで「これは持って生まれたものだ・・・」と諦めていた人に朗報です!

今回は、カラオケでビブラートを出す為の練習方法を紹介します!

ビブラートは練習次第でできるようになりますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

SPONSORED LINK

カラオケでビブラートを出す為の練習方法

それでは早速、練習方法を5つ紹介していきます。

5つの方法がありますので、いくつか試して、自分に合ったものをやってみてくださいね。

①母音を何度も強調させる

普段の音を伸ばすには「ら――――」のイメージですが、
母音を強調するには「ら――あぁあぁあぁ」のイメージで声を出してみてください。

声の揺れる感覚が掴めたら、音が途切れないようにし、徐々に母音の発音間隔を狭くします。

音を揺らす間隔が狭くなり、音の揺れが安定してくれば、それがビブラートです!
1

②音程を上下させる

A:出しやすい声の高さで声を出し、2秒キープします。

B:そこから音程を大体半音下げて、2秒キープします。

このAとBを何度も繰り返し、音が途切れず、スムーズに音程を変えられるようにします。

音程を変える間隔を徐々に短くし、音程が均一に上下できれば、それがビブラートです!

SPONSORED LINK

③補助を使う

声を出しながら、一定のリズムで脇腹を手で押すと、声が自然に揺れます。

なるべく吐く息の量を一定にし、声が途切れないよう注意しながら、キープします。

脇腹を押すのを止めても声の揺れをキープできたら、それがビブラートです!
2

④横隔膜を使う

やや難しいですが、ポイントは腹式呼吸と喉の脱力です。

これらは、歌うこと全般において重要な要素となります。

出しやすい高さの声を出し、息の量を一定に保ち、上半身と喉をリラックスさせます。

声を胸で響かせるように意識すると、声が震えてきます。

難しければ、裏声で同じようにすると、ビブラートが出やすいです。

裏声でもできなければ、他の方法で試してみましょう。

震えを徐々に大きく、キレイなものにできるようになったら、それがビブラートです。

⑤アゴを使う

「オウオウオウ」とゆっくり声をだすと、自然にアゴが揺れるのがわかると思います。

徐々にそのスピードを早くし、声の揺れを作ります。

「ア-」と声を伸ばし、アゴを使って声を揺らすことができれば、それがビブラートです!

こんな先生となら、頑張って練習できそうですね↓

いかがでしたか?

この中から1つでも習得する事ができれば、カラオケももっと楽しくなるかもしれませんね。

ぜひ、1つでも2つでも練習して、キレイなビブラートができるように頑張ってください!

ビブラートを習得し、カラオケで周囲の人たちを驚かせちゃってくださいね!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑