カラオケで高音を出すコツは?練習法をご紹介!

カラオケに行って、歌いたい歌の高音が出ずに、悔しい思いをした経験はありませんか?

近年の日本の歌手のキーはとても上がっていますので、
地声できれいに高音が出せるようになったら、カラオケももっと楽しくなりますよね?

今回は、カラオケでキレイに高音を出すコツについて紹介していきたいと思います!

これからは、原曲キーでは高くて今まで諦めて歌わなかった曲も、
高音が魅力のアーティストの歌も、どんどん歌えるようになっちゃいますよ!

SPONSORED LINK

カラオケで高音を出すコツ

まず、高音を出すためのコツとして、4つの練習方法がありますので、紹介していきますね。

①リップロール

喉周りの筋肉マッサージ効果があり、歌う前のウォーミングアップになります。

やり方は、唇を軽く閉じて、少し唇を突き出して息を出し、唇をプルプルと振動させます。

これが出来たら、地声の低い声から裏声の高い声まで音程を上げていく練習と、
反対に、裏声から音程を下げていく練習を交互にやります。

なるべくリラックスし、息の量を少なくすることが重要で、息の量が多過ぎると出来ません。
3

②タングトリル

いわゆる巻き舌のことで、①と効果は同じですが、マッサージ効果のある部位が違います。

舌の先を前歯の裏の辺りに付けて息を吐き出し「トゥルルルル」と声を出してください。

これができたら声が不安定にならないように注意し、①と同様に音程を上下させてください。

SPONSORED LINK

③エッジボイス

喉のさまざまな感覚を掴むことができ、高音発生に必要な筋肉も鍛えられます。

やり方は、声を段々と低くすると声帯が「カタカタ」と震え、声が「あ“あ“あ“」となり、
うなり声のような感じになって、声が小さ目になります。

これがエッジボイスで、声帯の震えを維持しながら、徐々に音程を上げていきます。

上手くできていないと、喉を痛める可能性もあるので、痛みを感じたら中止してください。
4

④小さな声で音程を上下させる

喉をリラックスさせ、裏声と地声を一本化させやすくなります。

小さな声を使い地声と裏声を行き来し、急に声がひっくり返らないことを意識します。

音程を上げるときに、なるべく音量を上げないようにし、リラックスしましょう。

高音でラクに歌う簡単ボイストレーニングの様子はこちら↓

いかがでしたか?

これらの練習のコツを掴めば、喉をリラックスした状態に保て、
キレイな高音が、楽に出せるようになってきます。

他にも、ジャパネットの高田社長の高音ボイスを真似して、しゃべってみるというのも、
高音を出しやすくなるそうですよ。

いずれにしても、喉の筋肉を鍛え、
喉をリラックスした状態にすることが高音を出すコツということになります。

上手く歌おうとしたり、緊張するとへんに力が入るので、
人前で披露する前に、一人で練習してみるのもいいかもしれませんね。

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑