生チョコの保存方法と保存期間お教えします!

見た目がオシャレで、味は抜群なのが「生チョコ」ですよね。

意外と「簡単に作れる」のキーワードが女性にウケ、人気となっています。

しかし、市販されている普通のチョコの感覚で、賞味期限を考えてはいけません

生チョコは「生」がついた分、普通のチョコとは全然違うのです。

せっかく作ったのに、渡した相手が食べる頃に「カビがっ」なんてことがないように、
きちんとした保存方法や、冷蔵庫で何日もつのか冷凍保存はできるのか
などの疑問にひとつずつ答えていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SPONSORED LINK
HJ

生チョコの保存方法


ROYCE Chocolate -YAMAZAKI- / t-mizo

最善を言えば、保存せずにできたてを食べてもらうことです。風味を損なうことなく、柔らかさもベストな状態で味わってもらえるでしょう。

どうしても、翌日以上の保存を望むなら、こんな保存方法はいかがでしょうか?

1.冷蔵庫で保存する

冷蔵庫は通常0℃~10℃に設定されていますが、
冷蔵庫でなくても0℃~10℃以下に保つことができる環境(冷暗所)であればOKです。

但し、冷暗所が思いのほか温度が高かったりした場合、
ファットブルームという現象が起きる可能性があることを知っておいてください。

食べたところで人体への影響はありませんが、カビが生えたように白くなり、
見た目が正直気持ち悪いです。

これは、チョコに含まれるカカオバターが温度上昇によって製品表面に溶け出し、
白い結晶となって浮き出てくる現象です。

冷蔵庫から出し、相手に渡すまで時間がある場合などは
発砲スチロールに保冷剤などを入れて持ち歩くといいでしょう

2.冷凍庫で保存する


near Sugaharachou / omoon

冷凍庫でも保存は可能ですが、生チョコの風味と口溶けは損なわれるでしょう。
フリーザーバッグに入れて空気を出し、外気と遮断した状態で冷凍します。

その他、解凍にも気を使わなければなりません。

解凍は、フリーザーバッグに入れたまま冷蔵庫で1日かけてゆっくり解凍し、
その後、外に出して半日経ったらフリーザーバッグから出します。

但し、解凍を間違えると、シュガーブルームという現象が起こる可能性がありますので注意が必要です。

シュガーブルームは、寒暖の差によってチョコの表面が結露し、
その水分がチョコの糖分を引き出し、再結晶した状態のことです。
表面が白っぽく、ザラザラします

食べても人体に影響はありませんが、美味しさが半減してしまいます。

こんな簡単に作れるなら、渡す当日に作れそうですね。
超簡単、生チョコの作り方

冷蔵庫で何日もつ?冷凍庫は?

冷蔵庫では通常2~3日、長く考えたとしても1週間が限界です。

冷凍庫なら1ヶ月は大丈夫でしょう。
しかし、解凍がきちんとできたとしても、風味や口溶けは補償できません。

渡す日(=相手が食べる日として)から遡って作る程、風味は落ちると思ってください。

せっかく作るのですから、できるだけ渡す前ギリギリにチャレンジして、
渡す相手に喜んでもらいましょうね!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑