足の裏がつる6つの原因!

痛い!痛い!痛い!

夜中にそんな声で起こされた経験はありませんか?

足の裏が「つる」ってどういう事?ということで、
今回は、経験がある人も、ない人にも、足の裏がつる原因について紹介していきます!

できれば誰だって、つるのは嫌ですよね?

自分がどれに当てはまるのか、当てはまらないのか、チェックしてみてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ

足の裏がつる原因

image1

足の裏がつる原因として、次のようなものがあげられます。

原因別に、詳しく紹介していきますね。

 

①栄養不足

筋肉の働きを調整するのに、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、
などの電解質が作用すると言われています。

栄養バランスが悪かったり、汗をかいたりすると、電解質のバランスが悪くなって、
筋肉が正常に働かなくなり、足の裏がつりやすくなるそうなのです。

何事にも、栄養バランスが大事なんですね。

②水分不足

image2

水分が不足すると、血行不良を起こし、筋肉に栄養が行き渡らなくなります。

すると、電解質のバランスが崩れ、足がつるのです。

夏場は汗も良くかくので、水分補給はこまめに行いましょう!

③体の歪み

身体の歪み(猫背、偏平足、骨盤の歪み、身体が硬い)などがあると、
足に血行不良が起こって、足の裏がつりやすくなります。

④病気の前兆

動脈硬化、糖尿病、下肢の静脈瘤、肝臓の病気などの初期症状として、
つることがあります。

これは、足の血行不良による足の痙攣と言えることもできるでしょう。

つる回数が多い場合には、すぐに病院を受診しましょう!

⑤筋肉疲労

走った後や、ストレッチ中などでもつる人がいますよね?

これは、筋肉を緊張させるような使い方を、連続的に行ったからなのです。

スポーツや慣れない運動で、筋肉疲労を起こすと、神経との連携が上手く取れずに、
筋肉が緊張して、つってしまうのです。

普段あまり運動をしない人が、急に運動を始めると、筋肉が驚いてしまうので、
徐々に始めるのがいいでしょう。

⑥肝臓の異常サイン

image3

東洋医学では、肝臓と筋肉は関連しているという考え方があります。

肝臓が疲れていると、筋肉がつりやすくなるというわけです。

肝臓に異常があることを、筋肉が教えてくれていると思えば、
足の裏がつりやすくなった時には、肝臓を心配してもいいかもしれませんね。

 

足がつる人が増えている?足がつる理由とその対策はこちら↓

いかがでしたか?

私の友人に、毎晩、足がつると言って悩んでいた人がいました。

原因のひとつに、「電解質のバランスが悪い」ことがあると聞いて、
スポーツドリンクを飲み始めたところ、ピタッと止まったそうです。

スポーツドリンクには、電解質が含まれているんですよね?

飲み忘れた日には、やっぱりつると言っていましたから、効果はバッチリですよね!

つる回数が異常に多い場合などは、早めに受診するようにしてくださいね!

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑