2015年の残暑見舞いを出す時期は?具体的にはいつから?

暑中見舞いや、残暑見舞いをもらったことはありますか?

もらったことがある場合、その時期について考えたことはありますか?

残暑見舞いは、暑中見舞いより後であるということぐらいは知っていても、

具体的にいつからいつまでと覚えている人は案外少ないですよね?

今回は、残暑見舞いを出す時期について、具体的に紹介していきます。

今まで曖昧であった人も、これでスッキリしますよ!!

SPONSORED LINK

2015年の残暑見舞いを出す時期

Picture7

それでは、残暑見舞いを出す時期について、詳しく紹介していきますね。

まず、残暑見舞いを出す時期については、

暦の数え方の1つである「二十四節気(にじゅうしせっき)」を用います。

天気予報などで聞く、「立夏」「夏至」「秋分」「立冬」「大寒」「立春」・・・などなど、

簡単に言うと、1太陽年を24等分し、季節を表す名称をつけたものです。

これによると、残暑見舞いを出す時期は、

「立秋」以降から「白露」までとなっています。

ここで、残暑見舞いに関する二十四節気の説明をしますと、

立秋(りっしゅう) 8月7日頃、及びこの日から処暑までの期間(8月22日まで)

処暑(しょしょ) 8月23日頃、及びこの日から白露までの期間(9月7日まで)

白露(はくろ) 9月8日頃

となっています。

Picture8

年によって多少の誤差はありますが、残暑見舞いを出す時期を具体的に言うと、

2015年は8月8日から9月8日までとなります。

因みに暑中見舞いが「立秋」までということになっていますので、

2015年に関しては、8月8日以降はどんなに暑くても残暑見舞いということになります。

SPONSORED LINK

ただし、「白鷺(9月8日頃)」までという考え方のほかに、

8月中までとする、考え方もあるそうです。

しかし、近年は9月を過ぎても30度を超える暑い日が多く、

9月に入ってから、残暑見舞いを出してもマナー違反にはなりませんのでご安心を。

Picture9

暑中見舞いと残暑見舞いの違い、分かり易く知りたい方はこちら↓

いかがでしたか?

残暑見舞いは、実際に一番暑い時期に出す挨拶状です。

相手の健康や安否を思い、自分の近況を報告するすばらしい習慣です。

年賀状同様、メールなどが普及し、出す人がとても減ったと言われる残暑見舞いですが

今年の夏は、あえて残暑見舞いというのもいいですよね?

また、お中元を頂いたのに、お礼を言い忘れてしまった、

暑中見舞いのハガキが届いたのに、返信をしていないなどの場合にも残暑見舞いは有効です。

お詫びとお礼の言葉を添えて、残暑見舞いの期間までに、出すようにしてくださいね!

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑