スイカは野菜といわれる理由が丸分かり!

大人なら、この疑問に一度は直面したことがあるでしょう。
子どもに聞かれてもイマイチ解りやすく答えてあげられず、悩んだ人は多いのではないでしょうか?
まさに私もその一人です。
この問題は結論から言うと、さまざまな角度からいろいろな方の意見があり、「これが正しい!」と断定できるものではありません。

色々な意見があることを知ってもらえれば良いのではないでしょうか。

農林水産省の見解

SPONSORED LINK
HJ

農林水産省では、基本的に1年で収穫してしまう草を「野菜」といい、何年も収穫できる木(果樹)を「果物」として区別されています。

ですからスイカは草ですから、果物ではなく野菜です。

同じく、いちごやメロンも同様です。

ややこしいですが、野菜の中の「果菜」として扱われます。

つまり、実そのものではなく、野菜に成る実か、木(果樹)に成る実かで分けられるのです。

image002

そのほかの見解

1.市場などの流通業界では、野菜というのはご飯のおかずとして食べるものであり、果物はおやつやデザートとして食べるものという点で区別しているそうです。随分簡単な分類です
が、現在はこの方法しかないようです。

2.大辞林によると果物は「木や草につく果実で、食べられるもの。リンゴ・柿・ミカンの類。生(な)り果物。狭義には木に生(な)る果実をいうが、広義には草木性植物のパイナップルやメロンも含める」とあり、野菜は「食用に育てた植物。青物」となっています。

3.広辞苑によると果物は「草木の果実の食用となるもの」で、野菜は「生食または調理して、おもに副食用とする草木作物の総称。食べる部位により葉菜あるいは葉茎菜、果菜、根菜、花菜に大別」となっています。

4.JA全農の見解としては「一般に野菜はいろいろな部分を食べるのに対して、果物は実だけを食べるのが特徴です。例えばキュウリやエンドウは実、大根やごぼうは根、キャベツやレタスは葉というように食べる部分はさまざまですが、果物は必ず実です」。となっています。

image004

結論

野菜か果物か、美味しく頂ければどちらでも構いません!というのが私の結論です(笑)。
本当に大変なご苦労をされて野菜や果物を作られている農家さんのことを思えば、私的には本当にどちらでもいいことです。

スイカ栽培も収穫もこんなに大変なのです↓
http://youtu.be/LF3lxxOEmXU

学問的にはスイカは「野菜」に軍配のようですが、感情的、感覚的には「果物」ですかね?大衆の支持は果物のように思います。

こういう判定でいかがでしょうか?子どもに聞かれたらあなたはどう答えますか?

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑