音痴でもカラオケで高い点数を取る方法!採点の仕組み!

最近は、得点の出るカラオケがほとんどで、
音痴と言われている人には、酷な発明ですよね?

せっかく気持ち良く歌ったのに、低い点数がでると、何だか嫌な気分になりませんか?

そんなカラオケで高得点が出せずに悩んでいるあなたの為に、
音痴でもカラオケで高得点を出す方法を紹介します!

SPONSORED LINK
HJ

これを読んで実践すれば、カラオケも心から楽しめるかもしれませんよ!

採点方法の仕組み

image1

高得点を出すには、その機械(カラオケ)の採点方法が、
どのようになっているのかを知ることが大切
です。

まず、採点方法は基本的に「減点方式」が多いとされています。
最高得点が100点で、ミス分がマイナスされるシステムです。

それでは「ミス」とはいったい何なのでしょうか?

ミスとは、音程、リズム、表現力などが、原曲とずれていることを指すのです。

ですから、高得点を取りたい場合は、ミスを無くすことが第一なのです。

音痴でもカラオケで高得点を出す方法

image2

それでは、音痴でもカラオケで高得点を出すにはどうしたらいいか、
いくつかの方法を紹介していきましょう!

1.選曲はややスローな短めの曲に

スローな曲は、アップテンポな曲に比べ、音符の数が少なく、ゆったりと歌え、
リズムが取りやすいです。

気持ち的にもリラックスしやすいので、比較的音程を合わせやすいでしょう。

また、短めの曲のほうが、減点される確立が減るので、高得点になりやすいです。

2.原曲のキーにこだわらない

プロの歌手の方は音域が広く、サビの部分ではキーが高くて歌えないことも多いです。

採点に関しては、キーの変更での影響はありませんので、
自分が歌いやすいキーに変更しましょう。

そうすることで、音程も安定してくるでしょう。

3.熱唱しない

得点アップの裏技として、「抑揚」があります。

抑揚とは、曲調合わせて強弱をつけることですが、やり方を簡単に説明すると、
サビは大きい声で、他は小さい声で歌うということです。

熱唱してしまうと、全体的に大きい声で歌いがちになり、
リズムがずれたり、抑揚が感じられなくなります。

『サビは大きく』を意識すれば、高得点も夢ではありません。

他にもこんな裏技が!

ほかにも、「ビブラート」をかけるなどのテクニックもあります。

練習すればできるようになるとも聞きますので、マスターしたい方は練習してみてください。

やり方:低い声と高い声を交互に出して、徐々にその間隔をせばめていきます。

簡単そうで、なかなか難しいですよね?

マイクを上下に揺らしてビブラートに見せかける、なんて技もあるそうなので、
練習の成果が出なかった方は、やってみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK
HJ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 無料アプリ

PAGE TOP ↑